第33回WAN上野ゼミ 書評セッション
平山 亮『介護する息子たち -男性性の死角とケアのジェンダー分析-』 勁草書房
◆司会       :宮田光子
◆コメンテーター  :宮田光子・永野眞理(wan上野ゼミ)・瀬地山 角さん(東京大学大学院総合文化研究科教授)
◆WAN上野ゼミ主宰者:上野千鶴子
◆ゲスト      :平山 亮さん(東京都健康長寿医療センター研究所)
(新刊『介護する息子たち――男性性の死角とケアのジェンダー分析』&『迫りくる「息子介護」の時代』の著者)
◆日時: 2017年3月24日 18:00~20:00
◆場所: 御殿山コミュニティセンター :1階 レクリエーションルーム
◆概要:「ケアの研究」、その視点を「男性:息子介護」に置くことで、こんな研究成果が得られるなんて…。まさか「ケア研究」の調査報告から、年来の「男って…どうしてこう…」が解けようとは思いもしなかった。「次は何が出てくるか??」、ページを繰る手が震えるほど、ワクワク・ドキドキが連続する。こんな論文は、人生初☆