上野研究室

views

1071

『養子縁組の社会学――人々の<血縁>に対する意味づけを中心に』 野辺 陽子

2012.05.03 Thu

報告者:野辺 陽子
身分:東京大学大学院(社会学専攻)博士課程在学中
表題:『養子縁組の社会学――人々の<血縁>に対する意味づけを中心に』
概要:
本研究の目的は、人びとがどのように<血縁>を意味づけ、それをどのように運用するのかを養子縁組を事例に明らかにすることにある。養子縁組の中でも、不妊の対応策としての養子縁組に特に注目して、制度の成立過程と当事者(養親・養子)の実践をフィールドワークで得た一次資料をもとに分析する。本研究から得られた知見は血縁がある親子関係を前提として分析を行ってきた家族社会学に新しい視角をもたらすだろう。

 

第7回上野ゼミ
日時:5月18日(金)18時~20時
場所:かたらいの道市民スペース

カテゴリー:レジュメ