5bbe88db054fdc69c92269072c5e16af

PICK UP

「女性学・ジェンダー研究の大先輩、原ひろ子さんが10月7日ご逝去なさいました(享年85歳)

「女性学・ジェンダー研究の大先輩、原ひろ子さんが10月7日ご逝去なさいました(享年85歳)。 1979年にお茶の水女子大学家政学部に着任されて以来、

70d08ab2c7a1af4a5052b6f7ce108503

PICK UP

WAN女性学ジャーナル原稿募集!

女性学は、女の経験の言語化と理論化。 ジャンルの制約を超えた、新たな言語表現の広場をめざして、 WANサイトに「女性学ジャーナル」を創刊します。

e975df5d7db7b7f5bdc543311025ca6f

PICK UP

男性弁護士からみた医学部不正入試事件――医学部入試における女性差別対策弁護団日記<連載9>    *斉藤秀樹

2018年8月21日記者会見 今月の弁護団は、10月に予定されている期日までの課題(不正入試の違法性についての法律構成)を検討している。被告東京医科大

ogp

PICK UP

【署名のお願い】文化庁のあいちトリエンナーレへの補助金不交付決定に抗議する

【転載】 署名は以下からお願いします! https://www.change.org/korosuna 文化庁が、予定していた「あい

研究助成・公募 アクション

国際ソロプチミスト「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」

2019.10.16 Wed

あなたと家族のために、 今よりより良い仕事に就き、 より良い生活を目指して 教育や技能訓練を受けている女性が応募できる賞です 国際ソロプチミストは1921年カリフォルニア州オークランドで職業を持つ女性によって結成され、2021年に100周年を迎える女性のための女性による国際的な

続きを見る

カテゴリー:マイアクション / 助成金 / お知らせ / 行動のよびかけ

48cb0270205b1ec57d6e754a7aa0a63c

女の本屋

メイソン・カリー著『天才たちの日課 女性編』 女性はいかにして「仕事」と「生活」の折り合いをつけていたのか。143通りの試行錯誤。  宮迫憲彦

2019.10.16 Wed

本書は、2014年に刊行された『天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』の続編です。 前作は、作家や画家、音楽家など「天才」と呼ばれている人物がどのような日常を過ごしていたのか、そしてその日常にどのようなルーティンを持っていたのか(例:ベートーヴ

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51t1GqYgQPL

アクション

二兎社公演43『私たちは何も知らない』:雑誌『青鞜』の編集部を舞台にした青春群像劇

2019.10.16 Wed

『ザ・空気』(2017)『ザ・空気 ver.2』(2018)と、観客が「今、日本で起きていること」をリアルに体感する話題作を立て続けに発表してきた永井愛が、一転、明治~大正期に発行された雑誌『青鞜』の編集部を舞台にした青春群像劇を書き下ろします。 【企画意図】 〇若さあふれる

続きを見る

カテゴリー:マイアクション / イベント

a16f271285231e186cfae8333305b80d

女の本屋

黒岩容子著『EU性差別禁止法の展開』  形式的平等から実質的平等へ、さらに次のステージへ   黒岩容子

2019.10.16 Wed

 本書では、EU法(※注)における1970年代半ばから現在までの、様々なジェンダー平等実現のための法理の生成と展開を紹介し分析し、日本法への示唆を提起しています。  EU法では、まず、男女同一価値労働同一賃金原則や男女別取扱禁止法理の徹底が図られ、男女格差や女性排除の是正が大きく

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51Q1phMiRsL

アクション

第11回あるこうよむらさきロード2019 「私たちはもう黙らない」

2019.10.15 Tue

「あるこうよ むらさきロード」とは・・・ ドメスティック・バイオレンス、性暴力、子ども虐待などの被害当事者(サバイバー) を中心にスタートした非暴力を訴えるパレードで、2009 年 11 月 1 日、国内で初め て開催されました。非暴力を訴えるパレードで一緒に歩きませんか? D

続きを見る

カテゴリー:マイアクション

8f7bc93a2a262ea072515e617ca70b8f

アクション

【12月14日(土)】日韓「働き方改革」フォーラムのご案内

2019.10.15 Tue

日韓「働き方改革」フォーラムを以下のとおり開催いたします。 関心のある方はどうぞご参集ください。   日 時:2019年12月14日(土)9:30~18:00  場 所:龍谷大学 和顔(わげん)館B201  対 象:市民、労働者、実務家、研究者  参加費:資料代

続きを見る

カテゴリー:マイアクション

ogp

エッセイ

世界の周縁から、小声で叫ぶ! 第四回   ~ガーナの農村から、小声で叫ぶ!~    渡辺知子

2019.10.15 Tue

 今回はガーナの農村から。少し視点を変え、「男性」に焦点をあててみたいと思います。ガーナの概観  「ガーナ」と聞いて多くの人が連想するのがチョコレートだろう。ガーナはカカオ豆の産地として有名である。ただガーナの人々がチョコレートを食べることはほとんどない。  ガーナは西アフリ

続きを見る

カテゴリー:連続エッセイ / 世界の周縁から、小声で叫ぶ!

2b8674eb33cf7ef86aa0eba323297e32

WAN女性学ジャーナル 女性学ジャーナル

「女性学・ジェンダー研究の大先輩、原ひろ子さんが10月7日ご逝去なさいました(享年85歳)

2019.10.13 Sun

「女性学・ジェンダー研究の大先輩、原ひろ子さんが10月7日ご逝去なさいました(享年85歳)。 1979年にお茶の水女子大学家政学部に着任されて以来、女性文化資料館、女性文化研究センター、ジェンダー研究センターの活動の中心となり、長年後進を育てることに尽力してこられました。原さんが

続きを見る

5bbe88db054fdc69c92269072c5e16af

シネマラウンジ

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』 Girls, be ambitious.  中村奈津子

2019.10.12 Sat

19世紀ロシア、サンクトペテルブルグ。14歳になる貴族の子女サーシャは、父母と3人で暮らしていた。大好きな祖父は、1年前に北極航路の探検に出たまま行方不明となってしまい、捜索船が出たものの行方が分からずにいた。そのため、祖父の名が付けられる予定だった科学アカデミーの図書館も開館さ

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ

b4aba7c9cd98a634e57f12377ecd09d5

研究助成・公募

サントリー文化財団 海外出版助成募集 締め切り11月27日(金)

2019.10.11 Fri

【転載させていただきます】サントリー文化財団では、広く海外における日本理解を促進するために、日本語で書かれた優れた研究業績、または日本について書かれた書籍の外国語への翻訳および外国語での出版に対して助成しています。 現在までに英語をはじめ、25ヶ国語への翻訳・出版事業への助成を決

続きを見る

カテゴリー:助成金

4d94701f94bb7dde704c1921fa99d7c1
さらに記事を読み込む