ogp

PICK UP

5月、WAN総会の後はシンポジウム「フェミニズムが変えたこと、変えられなかったこと、そしてこれから変えること」へ

今年も5月16日(土)、WANの総会が開かれますが、そのあとに恒例のシンポジウムを以下の要領で開催します。 昨年来の#MeToo、#KuTooムーブ

PICK UP

まだまだ続きますが、この瞬間、100人達成しました!

https://www.youtube.com/watch?v=yV3PHRZwXtE&feature=youtu.beお願いニャー! いつもWAN

f901a9ab03062399b1524c5d3ac75499

PICK UP

聖マリアンナ医科大学に対する調査結果公表を受けてーー医学部入試における女性差別対策弁護団日記〈連載12〉   *高見智恵子

 今回は、弁護団の高見より、聖マリアンナ医科大学に対する弁護団の取り組みについてご報告します。 1 第三者委員会による調査報告書  2020年

ogp

PICK UP

「ハラスメント規制法」に側面から穴? マタハラ事件、高裁逆転判決の危うさ 竹信三惠子

 「ジャパンビジネスラボ」という企業をめぐるマタハラ訴訟の高裁判決が、話題を呼んでいる。この問題をめぐっては、原告と被告のどちらが正しいか、という論点

女の本屋

信田さよ子編『女性の生きづらさ』   なぜ女性として生きることは苦しいのか   植松由記

2020.02.28 Fri

昨年末のジェンダーギャップ指数2019で日本は過去最低を更新したとおり、女性の生きづらさは今なお深刻です。女性の悩みに寄り添っていると思われる心理臨床や精神科医療にもじつはジェンダーの視点は欠けており、「男性と女性」「加害と被害」といった不平等な非対称性にもとづく女性たちの痛みは

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51--RuizzUL

シネマラウンジ

『娘は戦場で生まれた』 命への、普遍的な祈り  中村奈津子

2020.02.28 Fri

2010年にチュニジアで起こり、アラブ諸国に広がった「アラブの春」と呼ばれる民主化運動。その動きがきっかけとなり、2011年にはシリアでも、アサド大統領による長年の軍事独裁政権から脱し、平和的な方法で自国の民主化をはかろうとする運動が始まった。声を上げた市民に対し、アサド政権は暴

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

075d4d065dea3cc5f34b2b5cc1c42d3f

緊急の呼びかけ

まだ署名できます【2月28日】1万人 署名提出記者会見:STOP共同親権 DV・虐待被害者の安全を守って 共同親権法制化は 慎重な議論を

2020.02.27 Thu

【転載】 共同親権法制化に慎重に 署名はこちら https://bit.ly/2sXDn83 主催 シングルマザーサポート団体全国協議会 窓口:NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ __________________________ 【記者会見のお知らせ】 STOP共同親権

続きを見る

カテゴリー:進行中

ogp

女の本屋

ソル・ケー・モオ 他著『 女であるだけで』    ラテンアメリカ・フェミニズム小説の傑作    平井美加

2020.02.27 Thu

昨今韓国フェミニズムと文学が大きな盛り上がりを見せておりますが、じつは現代ラテンアメリカ文学の中にも、高い普遍性と物語性を備えたフェミニズム小説が存在します。 その中の1冊として、このたび吉田栄人氏(東北大学大学院 国際文化研究科准教授)による翻訳で、国書刊行会よりソル・ケー・

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

41lJk4SQDbL

女の本屋

三浦雅士著『石坂洋次郎の逆襲』   フェミニスト・石坂洋次郎をどう扱うか?  三浦雅士 

2020.02.27 Thu

 石坂洋次郎の思想の特徴を一言でいえばフェミニストというに尽きる。戦前の文学界を席巻した『若い人』、戦後一世を風靡した『青い山脈』、六〇年安保闘争に痛烈な疑義を呈した『あいつと私』、そして最後の『女そして男』にいたるまで、焦点となっているのはすべて女の生き方、それも主体的に生きる

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

31A%2BjV6tPyL

研究助成・公募

第4回赤松良子ジェンダー平等基金の募集

2020.02.26 Wed

=国際女性の地位協会からのお知らせ= 第4回赤松良子ジェンダー平等基金の募集をいたします。 助成対象事業は、女性差別撤廃条約の精神に合致し、ジェンダー平等、女性のエンパワーメント、女性の権利の実現等を目指す実践的活動や調査研究等です。 募集期間  2020年2月1日(土)~2

続きを見る

カテゴリー:助成金 / お知らせ

ogp

緊急の呼びかけ

ウィメンズマーチ東京2020「延期」のお知らせ

2020.02.25 Tue

3月8日に予定されていたウィメンズアーチ東京2020の延期のお知らせを転載させていただきます。 延期、ということですので、実行委員会からの新たなお知らせにご留意ください。 ウィメンズマーチ東京2020「延期」のお知らせ

続きを見る

カテゴリー:進行中

ogp

上野研究室

レスカ 第47回 上野ゼミ:書評セッション 『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』

2020.02.22 Sat

第47回 上野ゼミ:書評セッション 『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』レスカ ◎全体へ向けて ・「フェミニズムは自分の問題を解決する力になる」という言葉がよかった。 毒親の話になると母親に焦点が合ってしまうが、根っこには夫婦の問題が横たわっていると思う。

続きを見る

カテゴリー:うえのゼミ / レポート

ogp

お助けWAN

相談62: 離婚について

28歳で結婚し現在65歳、自宅で私一人で自営業を営んでいます。約6年前に夫が倒れ入院、一命をとりとめ退院後在宅介護5年目に入りました。身体障碍者一級、要介護5です。夫の介護費用は主に夫の年金から、それ以外は私の収入で生活しています。子どもたちはすでに家を出ており、夫を施設に入れて

続きを見る

シネマラウンジ

『ソン・ランの響き』 愛としか呼べない音色  中村奈津子

2020.02.21 Fri

1980年代のベトナム・サイゴン(現・ホーチミン市)。身寄りのいないユン(リエン・ビン・ファット)は、高利貸しを営むズーのもとで借金の取り立てを生業としている。口数が少なく、返済が遅れた客には顔色ひとつ変えずに暴力をふるう彼は、周囲からも恐れられる存在だった。 ある日、ユンはベ

続きを見る

カテゴリー:新作映画評・エッセイ / 映画を語る

85e7d9a0e271ef185327803cdd705974
さらに記事を読み込む