77a43bde7995084e3ea98b24edb380ae

PICK UP

周防大島の商品を買って支援しよう!

金丸弘美さんの連載「ニッポンはおいしい!」第六回でご紹介した山口県周防大島「瀬戸内ジャムズガーデン」の松嶋匡史さんから、周防大島が大型貨物船の衝突によ

41f3ac046db79326f86ea4bb3d5dc31c

PICK UP

永井潔アトリエ館 第4回 企画展のご案内

「永井潔アトリエ館」は画家・永井潔の絵画、著作等に親しんでいただこうと、永井潔が長年過ごしたアトリエ兼住まいをそのままに、昨年の4月にオープンしま

acdcc87dd60d75818cb39e4e779c9253

PICK UP

続報:水田宗子さんが勝訴! 水田宗子さんのコメント他

 先日、学校法人城西大学の理事小野元之氏に対する損害賠償請求事件について、水田宗子さんの勝訴を速報としてお知らせしましたが、このたび続報として、裁判の

dummy_image01

PICK UP

東京医大入試以外にも:女性の進学機会が奪われている 千田由紀

東京医大では点数を操作して、女性を不当に入学試験で落としていました。 酷い話ですね。 同じように都立高校にも、「女性枠」が存在します。女性

会員に本のプレゼントをします

2018.12.12 Wed

『100歳時代の新しい介護哲学』をWAN会員にプレゼントします。  本書は、編集企画グループ花げし舎に集まった女性6人の取材チームが、3年にわたって介護職の方たちに聞き取りを続けた原稿がもとになっています。超高齢社会のこの国を支える新たな「介護哲学」は、この現場に生きる草の根の

続きを見る

bc9a00921b8750ab5fc6a02520a8118b

女の本屋

尾崎翠&のぞゑのぶひさ著『第七官界彷徨』   尾崎翠は永遠に古びない!  穂原俊二

2018.12.11 Tue

尾崎翠『第七官界彷徨』は、1933年の刊行以来、常に読まれる古典として、たえず再評価され続け、まったく古びることなく、その計り知れない可能性にさまざまな人たちが惜しみない賛辞を与えています。 私は「第七官界彷徨」を読んで、日本の小説はこの一作でいいとすら思ったこともある。―――

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

512TGXaCuWL

女の本屋

チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』(斎藤真理子 訳)   ひとつの小説が韓国を揺るがす大事態に

2018.12.11 Tue

 『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国で2016年10月に初版2000部で刊行されました。キム・ジヨン氏(韓国における82年生まれに最も多い名前)の誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児までの半生を克明に回顧していき、女性の人生に当たり前のようにひそむ困難や差別が淡々と描かれ

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51bjR9HPxkL

WANマーケット

金丸弘美のニッポンはおいしい! その13「国産ウイスキーの素晴らしさを一人でも多くの人に知ってほしい」 ブランドアンバサダー・吉川由美さん

2018.12.11 Tue

埼玉県秩父市みどりが丘、標高250メートルの山間地にある株式会社ベンチャーウイスキー” 秩父蒸溜所“(肥土伊知郎=あくと・いちろう代表取締役社長)。 創業2004年。2008年からウイスキーの製造・販売が始まった蒸留所。世界的なウイスキーコンテスト「ワールド・ウイスキー・

続きを見る

カテゴリー:ピックアップ / おんなの仕事づくり

285f2c65819259f3261a92ac2086f1a5

女の本屋

久田恵+花げし舎著『100歳時代の新しい介護哲学』 久田恵

2018.12.11 Tue

 本書は、編集企画グループ花げし舎に集まった女性6人の取材チームが、3年にわたって介護職の方たちに聞き取りを続けた原稿がもとになっています。超高齢社会のこの国を支える新たな「介護哲学」は、この現場に生きる草の根の介護職の人たちからこそ生まれてくるのだと思います。  これから介護を

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51-2dUIUstL

女の本屋

アトランさやか著『ジョルジュ・サンド 愛の食卓——19世紀ロマン派作家の軌跡』   食べて、愛して、書いた女の一生涯   山田亜紀子

2018.12.11 Tue

ショパンやミュッセなどと恋愛関係にあった「恋多き女性」。ジョルジュ・サンド(1804-1876)について語られるとき、よく耳にするのがこの呼称。 しかし、まず作家として評価すべき人物なのではないでしょうか? 数多くの小説をものし、友人らに長い手紙を頻繁にしたため、女性の権利から政

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51Wq2F3CjjL

上野研究室

第42回 上野ゼミ:書評セッションー笠原美智子『ジェンダー写真論 1991-2017』

2018.12.10 Mon

第42回 上野ゼミ:書評セッションー笠原美智子『ジェンダー写真論 1991-2017』 ◆日時:2019年1月25日(金) 18時30分〜20時30分 ◆場所:かたらいの道市民スペース(東京都武蔵野市中町1丁目11番16号 武蔵野タワーズ スカイクロスタワー内) JR三鷹駅北口

続きを見る

カテゴリー:うえのゼミ / 予告 / スケジュール

41SoWr0XUhL

エッセイ

365日で世界一周!~女子大生バックパッカーの旅(vol.8)  佐野仁美

2018.12.10 Mon

変化するアニメ(帰国中の日本にて)諸事情により、ラトビアから一時帰国しました。12月中には再出国する予定です。現在帰国中のため、今回の記事は日本にいて気づいたことについて書きたいと思います。 祖父母の家に行き、6歳のいとこに会う機会がありました。いとこは男の子です。私に会うなり

続きを見る

カテゴリー:連続エッセイ

c4d2b9c468b8f3b47ed458ef5537a6f9

女の本屋 上野研究室

上野千鶴子著『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(堀 紀美子)

2018.12.08 Sat

わたしは、「女ぎらい」が好きだ。 言い換えるなら、2010年に出版された『女ぎらい ニッポンのミソジニー』 (紀伊國屋書店 2010年10月出版)が好きだった。 ジェンダー研究のパイオニアである上野千鶴子さんの 多数ある著書のなかでもバイブル的な存在。 そう思って、そこに書かれた

続きを見る

カテゴリー:わたしのイチオシ / イチオシ

51jvAW2v82L

エッセイ アクション

 第22回女性文化賞は久郷ポンナレットさんに決定  ◆米田佐代子

2018.12.05 Wed

第22回女性文化賞が決まりました。 今回は、久郷ポンナレットさんに女性文化賞を贈呈します。  久郷ポンナレットさんは1964年カンボジアで生まれ、現在は日本で生活しておられます。  1975年10歳の時カンボジアに成立したポルポト政権のもとで両親と4人のきょうだいを失い、自らも強

続きを見る

カテゴリー:個人のレポート / 集会・イベントレポート

1cb99e0a4726204a85adba68bbd30c75
さらに記事を読み込む