e11f3e406a5db306c4a107d1c5317877

PICK UP

第2回WAN博士論文検討会

日 時 2021年12月12日(日)13:00~16:00 場 所 オンライン開催 参加費 WAN会員(2021年度会費を納入済の方):無料非会員

efa041c4ccc747c4bdf4818f522fc157

PICK UP

WAN主催シンポジウム 「離婚後の子どもをどう守るか ―面会交流、共同親権と子どもの利益―」のお知らせ

WAN主催シンポジウム 「離婚後の子どもをどう守るか ―面会交流、共同親権と子どもの利益―」 ・開催日時:2021年11月2日(火曜日)19時

4ed30aed7d3a5b865a380b45b523f27d

PICK UP

第62回 無料・医療相談会(生活困窮する外国人女性と子ども等対象)**地域特定無し**

お住まいの地域の枠を外しました! 会場までの交通費と支援物資としてお米も支給されます! 外国人女性と子ども達を対象とする、無料の医療相談会です

a2b67a2beaeb014843ca13e5908b26f7

PICK UP

【WAN基金コロナ対策女性連帯プロジェクト 事業報告集】

WAN基金コロナ対策女性連帯プロジェクト 助成を受けた団体からのご報告です。 「WAN基金コロナ対策女性連帯プロジェクト」 は、住民1人当たり1

女の本屋

松田小牧著 『防大女子 究極の男性組織に飛び込んだ女性たち』 ◆ 松田小牧

2021.10.25 Mon

 国防の要である自衛隊。ただし約22万7000人以上いる自衛官のうち、女性自衛官の割合は7.4%に過ぎず、とりわけ幹部自衛官となるとその数はぐっと少なくなります。  国内唯一の士官候補生養成機関である防衛大学校(以下、防大)をこれまでに卒業した女性は約800人。また、卒業後も多く

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51GJs6jNXHL._SL500_

エッセイ

一部和解はしたけれど ーー医学部入試における女性差別弁護団日記(連載26)  ◆菊地 初音

2021.10.22 Fri

*東京医大との和解が成立  当弁護団による東京医大訴訟であるが,この夏(2021年夏),東京医大と原告11名との間で訴訟上の和解が成立し,訴訟の一部が終了した。  我々は,原告団が統一的に和解をするのか,しないのかの岐路に立たされていた。「この訴訟は,判決をもらうこと自体に社会的

続きを見る

カテゴリー:シリーズ / 女子受験生への応援歌

09982bbd1da1c34a21d2431b7fc24f37

研究助成・公募

【公募のお知らせ】特任専門職員1名、特任教員1名 ◆東京大学ダイバーシティ推進課・男女共同参画室

2021.10.22 Fri

東京大学ダイバーシティ推進課(男女共同参画室)特任専門職員、公募のお知らせ ↓ https://www.u-tokyo.ac.jp/kyodo-sankaku/ja/news/news2021_00024.html 東京大学大学院情報学環(本部男女共同参画室兼務)特任教員公募の

続きを見る

カテゴリー:お知らせ / 求人

84dc6c8b9b82b7e7d973d6279b1318ea

女の本屋

鄭喜鎭,鄭喜鎭著『#MeTooの政治学』   フェミニズムの実現のために―韓国の#MeTooの軌跡     ◆ 金李イスル

2021.10.21 Thu

 『82年生まれ、キム・ジヨン』が日本に紹介されて3年が経とうとしていますが、韓国フェミニズムの勢いはとどまるところを知らず、日本でも様々な本が翻訳出版されています。そんな中でも本書は、韓国フェミニズムの最前線を内側から分析した一冊であり、何が韓国フェミニズムの根幹をなしているの

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

41JAcyVWEaL._SL500_

女の本屋

ミーナ・ハリス著『夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代』  「できるかもしれない」を「できる」に変えていく。アメリカ副大統領の伝記的絵本   ◆ 編集者U

2021.10.20 Wed

アメリカで初の女性副大統領になったカマラ・ハリス。あれから早1年がたとうとしている。移民問題など複雑なテーマに取り組むハリスは、どんな子どもだったのか。 この絵本の文章を手がけたのは、姪のミーナ・ハリスだ。大好きだった、おばのカマラと母のマヤの子ども時代のエピソードを元にストー

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

51Y1AIX4coL._SL500_

エッセイ

誰も、みんな自由になる(旅は道草・141)やぎみね

2021.10.20 Wed

 夜のNHKラジオ「マンスリーブックレビュー」で翻訳家・岸本佐知子さん紹介の、村田喜代子著『エリザベスの友達』(新潮社、2018年)を買って読む。本書の解説「いつかみんな、自由になる」を岸本佐知子さん自身が書いている。  著者の村田喜代子さんは1987年、『鍋の中』で芥川賞

続きを見る

カテゴリー:旅は道草 / 連続エッセイ

0a5b960a439fbe301634b5bd7b058b37

博士論文

【今月の新規登録論文】女性学/ジェンダー研究(WS/GS)博士論文データベース

2021.10.19 Tue

2021年10月に、女性学/ジェンダー研究博士論文データベースに、新たに次の9件の論文を登録しました。これにより、登録論文数は1193件となりました。 佐野 和子:日本のスキル形成システムと女性の職業キャリアに関する研究 -職業資格とその効用に関する計量社会学的分析- 片岡

続きを見る

カテゴリー:女性学/ジェンダー研究博士論文データベース / お知らせ / データベース

a22df36d8fad615c1da377e2e289a080

上野研究室 博士論文

第2回WAN博士論文検討会

2021.10.18 Mon

日 時 2021年12月12日(日)13:00~16:00 場 所 オンライン開催 参加費 WAN会員(2021年度会費を納入済の方):無料非会員:500円 主 催 ウイメンズアクションネットワーク(WAN) 女性学・ジェンダー研究博士論文データベース担当、上野研究室ゼミ 趣 旨

続きを見る

e11f3e406a5db306c4a107d1c5317877

研究助成・公募 アクション

女性リーダー支援基金 ~一粒の麦~授与式 

2021.10.17 Sun

【追記】2021年10月14日の、女性リーダー支援基金 一粒の麦~授与式 の様子を動画でご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=7AUuq18_Tj4 女性リーダー支援基金 一粒の麦~は、3年間で年間5人、計15人に、それぞれ100万円

続きを見る

カテゴリー:マイアクション / video / イベント / 集会・イベントレポート

7e630307432f56fbf3efc0cbf19e18e8

女の本屋

内藤 千珠子著『「アイドルの国」の性暴力』  「アイドル」からみえてくる「慰安婦」への暴力   ◆ 内藤 千珠子

2021.10.17 Sun

 「アイドル」という言葉に感じる居心地の悪さから、現代日本の暴力の問題について考えてみました。現在の問題を近代の歴史につなげ、「アイドル」と「慰安婦」という二つの記号を手がかりに、ジェンダーとナショナリズムの結びつきについて考えた一冊です。  応援している人々を元気づけるアイドル

続きを見る

カテゴリー:著者・編集者からの紹介

b89b4ad82dcb1679deacb595f7fb2940
さらに記事を読み込む