女性学ジャーナル

リサーチ(研究)・アクション(活動)・カルチャー(文化)の
3つの領域で、あなたの思いを読者に発信します。

コメンタリーボード紹介

  • 上野千鶴子(うえの ちづこ)

    上野千鶴子(うえの ちづこ) 1948年生まれ。平安女学院短期大学、京都精華大学、東京大学大学院等を経て現在東京大学名誉教授。女性学・ジェンダー研究のパイオニア世代。セクシュアリティやケアにも関心が。WANには設立から関わって、現在3代目理事長。ウェブジャーナルを作るのは当初からの夢でした。著書に『家父長制と資本制』『差異の政治学』『生き延びるための思想』(以上岩波書店)『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)『<おんな>の思想』(集英社インターナショナル)『女ぎらい』(紀伊國屋書店)『女たちのサバイバル作戦』(文春新書)『ケアの社会学』(太田出版)など多数。

    > 詳しく見る
  • 原ひろ子(はら ひろこ)

    お茶の水女子大学名誉教授。元APWW(Asia Pacific Women’s Watch)代表、元・日本学術会議人間の安全保障とジェンダー委員会委員、ほかお茶の水女子大学/放送大学/城西国際大学などで教授として勤務。元・内閣府男女共同参画会議議員。著書『ヘヤー・インディアンとその世界』平凡者(1989)、『子どもの文化人類学』晶文社(1979以来続刊中)、『男女共同参画と男性・男児の役割』(近江美保・島津美和子との共編著)明石書店(2007)など。

    > 詳しく見る
  • 阿部 裕子(あべ ひろこ)

    現在 、内閣府男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会委員、かながわ人権政策推進懇話会委員、川崎市男女平等推進審議会委員、相模原市共同参画専門員、(一般社団)インクルージョンネットかながわ理事、かながわ生活困窮者自立支援ネットワーク代表、特定非営利活動法人かながわ女のスペースみずら理事

    > 詳しく見る
  • 斎藤 美奈子(さいとうみなこ)

    1956年、新潟市生まれ。文芸評論家。編集者を経て、1994年、『妊娠小説』(筑摩書房。後にちくま文庫)でデビュー。以後、新聞や雑誌で、書評、文芸評論、時事コラムなどを執筆する。2002年、『文章読本さん江』(ちくま文庫)で第1回小林秀雄賞受賞。他の著書に『名作うしろ読みプレミアム』(中央公論新社)、『学校が教えないほんとうの政治の話』(筑摩書房)、『文庫解説ワンダーランド』(岩波新書)など多数。

    > 詳しく見る
  • 伊藤比呂美(いとう ひろみ)

    1955年、東京都生まれ。性と身体性をテーマに、過激な言葉づかいで現代詩を揺さぶり続ける。『河原荒草』や『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した語り物の世界を作りあげ、『読み解き般若心経』『女の絶望』『女の一生』『父の生きる』『切腹考』などで、生活の中の死と生を力強く表現してきた。米国カリフォルニア在住だったのが今年(2018年)熊本に戻ってきた。3年間早稲田で教えます。写真 吉原洋一

    > 詳しく見る
  • 伊藤公雄(いとう きみお)

    1970年代末頃から近現代社会の男性性を対象にした研究をテーマのひとつにしてきました。男性主導社会としての近代社会のたそがれ状況に際して、「男性学・男性性研究」の視点から、過去をふりかえりつつ、未来社会を構想してみたいと考えています。現在、京都産業大学で社会学を教えています。専攻は、文化社会学・政治社会学、ジェンダー研究です。うさぎ年、天秤座、O型です(意味があるかどうかはわかりませんが)。

    > 詳しく見る
  • 浅倉むつ子(あさくら むつこ)

    1948年生まれ。東京都立大学大学院博士課程修了後、東京都立大学法学部教授を経て、現在、早稲田大学法学学術院教授。法学博士(1993年、早稲田大学)。労働法、ジェンダー法専攻。日本学術会議会員(2003年~2014年)、日本労働法学会代表理事(2003年~2005年)、ジェンダー法学会理事長(2007年~2009年)などを歴任。最近の関心事はイギリスの2010年平等法の研究。主な著書に、『雇用差別禁止法制の展望』(有斐閣、2016年)、『同一価値労働同一賃金原則の実施システム』(森ます美と共編著、有斐閣、2010年)、『労働法とジェンダー』(勁草書房、2004年)、『労働とジェンダーの法律学』(有斐閣、2000年)、『均等法の新世界』(有斐閣、1999年)、『男女雇用平等法論-イギリス と日本』(ドメス出版、1991年)などがある。

    > 詳しく見る
  • 加納実紀代(かのう みきよ)

    1940年韓国ソウル生まれで、日本の植民地責任を刻印されているが、一方では広島の被爆者でもある。こうした加害と被害の二重性の解きほぐしを願って、1970年代半ばに戦時女性史研究会を立ち上げ、20年がかりで『銃後史ノート』(全18巻)を刊行。以後も戦争、植民地、天皇制、核問題等をジェンダーの視点から問い続ける。著書に『女たちの<銃後>』、『天皇制とジェンダー』、『ヒロシマとフクシマのあいだ』(いずれもインパクト出版会)など。2011年まで敬和学園大学特任教授。

    > 詳しく見る
  • 戒能民江(かいのう たみえ)

    お茶の水女子大学名誉教授、専門はジェンダー法学・女性に対する暴力研究。性暴力禁止法をつくろう全国ネットワーク・女性と人権全国ネットワーク共同代表。現在、婦人保護事業を根本的に見直して、新たな女性支援事業の枠組みを構築するための運動に、もっとも力を入れている。主著に、戒能民江編著『危機をのりこえる女たち-DV法10年、支援の新地平へ』2013、信山社など。

    > 詳しく見る
  • 米田佐代子(よねだ さよこ)

    70年近く昔新制高校に行くとき、「学年全体で女子生徒2名」という男子校に入学して以来、東京都立大学で25年間助手を務めたり「女性研究者は独身」と言われて意地で子どもを産んじゃったり「横紙破り」の人生でした。専門は日本の女性史。「平塚らいてう」という女を「ジェンダー偏見」から自由にとらえなおしたいと格闘しつつ「らいてうの家」に通っています。今年8回目の「年女」(84歳)ゆえ、「遠吠え」ではなく世の中の理不尽とケンカしたい。              似顔絵:北村ますみ画     

    > 詳しく見る
  • 川上未映子(かわかみ みえこ)

    1976年8月29日、大阪府生まれ。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。2017年9月に刊行された『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。 2018年3月30日には短編集『ウィステリアと三人の女たち』 が刊行予定。

    > 詳しく見る
  • 赤石千衣子(あかいし ちえこ)

    約30年前非婚のシングルマザーになる。NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長。当事者としてシングルマザーと子どもたちが生き生きくらせる社会をめざして活動中。社会保障審議会児童部会ひとり親家庭の支援施策の在り方に関する専門委員会参加人。社会福祉士。著書に『ひとり親家庭』(岩波新書)、編著に『母子家庭にカンパイ!』『シ ングルマザー365日サポートブック』ほかがある。

    > 詳しく見る
  • 治部 れんげ(じぶ れんげ)

    1997年一橋大学法学部卒業、日経BP社で16年間、経済雑誌の記者を務める。2006~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年からフリージャーナリスト。東洋経済オンライン、日経DUAL、Yahoo!ニュース個人等で執筆。東京都男女平等参画審議会委員。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。昭和女子大研究員。東大情報学環客員研究員。著書に『稼ぐ妻 育てる夫 夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)等。2児の母。

    > 詳しく見る
  • 増原 裕子(ますはら ひろこ)

    LGBTアクティビスト/コンサルタント。 株式会社トロワ・クルール代表取締役、LGBT法連合会事務局長代理。2011年よりレズビアンであることをオープンにして積極的に発信をしている。慶應大学大学院修士課程、慶應大学文学部卒業。ダイバーシティ経営におけるLGBT施策の推進支援を手がける。経営層、管理職、人事・総務担当者、営業職、労働組合メンバー等を対象としたLGBT研修の実績多数。

    > 詳しく見る
  • 池川 玲子(いけがわ れいこ)

    1959年生。女性史研究。20代後半から、米田佐代子、折井美耶子らの率いる在野研究会で修業。40代半ばで大学院に進学し若桑みどりに師事。博論をもとにした『「帝国」の映画監督 坂根田鶴子 「開拓の花嫁」・一九四三年・満映』(吉川弘文館、2011)で青山なを賞受賞。以来、支脚を日本近現代女性史に、遊脚を文化表象に置いた研究を続けている。近刊に『ヌードと愛国』(単著、講談社、2014)、『〈妊婦〉アート論』(共著、青弓社、2018)等。

    > 詳しく見る
  • 林 香里(はやし かおり)

    1963年名古屋市生まれ。ロイター通信東京支局記者、東京大学社会情報研究所助手、ドイツ、バンベルク大学客員研究員を経て、現在 東京大学大学院情報学環教授。 著書『メディア不信 何が問われているのか』岩波新書、2017年、『<オンナ・コドモ>のジャーナリズム ケアの倫理とともに』岩波書店、2011年(第4回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞)、『テレビ報道職のワーク・ライフ・アンバランス 13局男女30人の聞き取り調査から』(谷岡理香と共編著)大月書店、2013年、ほか。専門: ジャーナリズム/マスメディア研究。 ホームページ http://www.hayashik.iii.u-tokyo.ac.jp/

    > 詳しく見る
  • 小林 富久子(こばやし ふくこ)

    1943年生まれ。早稲田大学名誉教授。1970年代後半『フェミニスト』編集委員、その後、当時の仲間と日本女性学会設立。早稲田大学ジェンダー研究所初代所長。現在、城西国際大学客員教授。主な著書:『円地文子―ジェンダ―で読む作家の生と作品』(新典社)、『ジェンダーとエスニシティで読むアメリカ女性作家』(学芸書林)。翻訳書:トリン・ミンハ『月が赤く満ちる時』(みすず書房)、トリン・ミンハ『ここの中の何処かへ』(平凡社)

    > 詳しく見る
  • 信田 さよ子(のぶた さよこ)

    お茶の水女子大学大学院修士課程修了後、精神科病院勤務等を経て1995年原宿カウンセリングセンターを設立。臨床心理士としてアディクションや引きこもりの本人・家族、DVや虐待、ハラスメントの加害者・被害者など、広く家族問題のカウンセリングを実施している。著書に『アディクションアプローチ』『DVと虐待』(以上、医学書院)『依存症』(文春新書)『依存症臨床論』(青土社)『アディクション臨床入門』(金剛出版)『母が重くてたまらない・墓守娘の嘆き』(春秋社)など多数。最新刊は『母・娘・祖母が共存するために』(朝日新聞出版、2018)

    > 詳しく見る
  • 雨宮 処凛(あまみや かりん)

    1975年北海道生まれ。作家、活動家。バンギャ、フリーターを経て00年、『生き地獄天国』にてデビュー。以来、生きづらさの問題をテーマにしつつ、06年からは貧困・格差問題にも取り組む。著書に『一億総貧困時代』『「女子」という呪い』、上野千鶴子氏との対談『世代の痛み 団塊ジュニアから団塊への質問状』など多数。反貧困ネットワーク世話人。

    > 詳しく見る

新着案内

  • 鼎談: 国際シンポジウム「メキシコと日本における女性の平等、解放、エンパワメントに向けて」を終えて

    2020/02/29

    著者名:井上輝子・上野千鶴子・田中道子

    コメンテーター:

    論文概要:

    以下はSimposio internacional "Mujeres por la igualdad, la liberación y el empoderamiento en México y Japón, 1888-2018"(メキシコと日本における女性の平等、解放、エンパワメントへ向けた国際会議)2018年11月21-23日にEl Colegio de Mexicoで行われたシンポジウムに参加した井上輝子、上野千鶴子、田中道子の鼎談である。

    > 論文を読む
  • 私にとっての「女性学」という場 ――水田宗子の女性学と草創期の議論を再考して――

    2019/09/09

    • リサーチ

    著者名:石島亜由美

    コメンテーター:上野千鶴子(うえの ちづこ)

    論文概要:

    本論は、1970年代から1980年代初頭にかけて日本で発表された女性学第一世代の女性学に関する論稿を考察し、各研究者が初期の段階において何を問題化したのかについて論点整理を行い、草創期の女性学像を明らかにするものである。
    加えて、日本では稀有だった分離型女性学を創設した水田宗子の思想を考察し、その水田が設置した城西国際大学大学院を研究の場としてきた私の立場から、私自身にとって女性学の場の意味は何であったのかを振り返るものである。
    考察の結果、女性学とは、性差の権力関係を問題とし、その事態の解消を目指して、既存の学問体系に対峙する女性学的知性を構築する営みであったことが分かり、各研究者の女性学にコミットする「当事者性」を捉えることができた。また、私自身の立場から女性学とは、性差の権力構造の中で言語化できなかった個別の経験を言語化することによって、その問題構造を問い、一人ひとりがそこから解放されていくプロセスであったことを振り返った。すなわち女性学は、実存と切り離せない、各個人のフェミニズム意識の実践の場であることを結論づけた。


    My position in the women's studies that Mizuta Noriko created: Reconsidering the women's studies in its founding period in Japan

    This paper examines the discourses of the founders of women's studies from the 1970s through the early 1980s in Japan, so as to clarify the point of argument of each scholar and how respective idea of women's studies was formed, with a special focus on Mizuta Noriko's works.

    Mizuta was only one in Japan who founded an independent course of women's studies, namely, the department of women's studies and its graduate school at Josai International University. Based on my personal experience as
    2

    one of her students, I try to accommodate what it meant to me to belong to this particular academic community, to be called a separatist strategy.

    By my recollection of my personal experience, I argue the following: women's studies is the product from the struggle of construction of women's knowledge; it is determined to confront the system of established academic disciplines, with the goal of eliminating gender discrimination, by questioning gender from the perspective of power relations. In this respect, personal commitment is important for individual scholars. Women's studies meant a process of self- liberation for me through which I could express my personal experiences that could not be done in the gendered structure. In conclusion, women's studies at Josai was a site of practice of my feminist consciousness, which is inseparable from individual existence.

    > 論文を読む
  • 石内都の「横須賀ストーリー」 境界の傷跡

    2019/07/13

    • カルチャー

    著者名:但馬みほ

    コメンテーター:池川 玲子(いけがわ れいこ)

    論文概要:

    本稿は写真家石内都の初期作品を分析する。日本の内部にありながらアメリカとの<国境>を有する特殊なトポスである神奈川県横須賀市を舞台とした石内都のデビュー写真集『絶唱、横須賀ストーリー』と『YOKOSUKA AGAIN 1980-1990』、『CLUB & COURTS YOKOSUKA YOKOHAMA』を分析対象の中心に据えて、軍事基地の存在が横須賀に強いる過剰な身体性と、その反動としての石内作品における身体性操作のありかたを解き明かす。客体をつねに必要とする写真という視覚芸術において、石内が対象の<身体>をどのように表現しているかを検証する本稿では、石内の初期作品に顕著な性的身体の欠如から、その後一気に身体を前景化した作品へと転向する契機に、横須賀における<アメリカ>の存在があることを論証する。
    写真行為を通じて「横須賀」と「母」から受けた「傷」と向き合い、選択の余地なく付与された自分のなかの「女性性」と深く切り結ぼうとする石内の側面に光を当てることで、本稿は「横須賀」と「母」を結ぶ一本の線上にアメリカが存在することを指摘し、両者から受けた「傷」を写真行為で定着させることによって、石内がいかに傷を克服し、自ら<女性>として生まれ変わっていくかというプロセスを、日本の敗戦と関連づけて考察する。

    Borderland Full of Scars: Ishiuchi Miyako’s Yokosuka Story

    This paper analyzes the early works of Ishiuchi Miyako (1947-), an internationally renowned Japanese photographer, in which she focuses on her hometown, Yokosuka that is one of the most strategically important locations for the United States Naval Forces operating in the Pacific. Yokosuka is unique in such a way that it contains a national border within itself because of the presence/occupation of the U.S. armed forces since Japan’s defeat in WWII. In this paper, I examine the ways in which Ishiuchi manipulates the representation of the body to overcome the “wounds” inflicted on her by Yokosuka (as well as from her mother), and demonstrate the process as to how she has come to terms with her own femininity under the overwhelming impact imposed by the U.S. military forces. By closely examining her works, I argue that the significant shift in her photography style, from the obvious lack of sexual body in her early works to almost-obsessive exposition of bodies and scars in her later works, represents her acceptance of and transcendence from “femininity” by way of photography.

    > 論文を読む
  • 若い女性のフェミニズム離れをどう読み解くか

    2019/05/09

    • リサーチ

    著者名:高橋 幸

    コメンテーター:斎藤 美奈子(さいとうみなこ)

    論文概要:

    1980年代のフェミニズムバックラッシュ以後の英米では、フェミニズムから距離を取る若い女性(以下、ポスト・フェミニストと呼ぶ)の調査研究が進められてきた。ジェンダー平等を望ましいと考える点で第二波フェミニストとポスト・フェミニストは共通するが、ポスト・フェミニストは、ジェンダーを個人的な問題として捉え、女性という集合的アイデンティティを避ける傾向を持つ(Jones 2016)。ポスト・フェミニストの具体的な主張内容を明らかにするため、本稿は2013年から2014年にSNS上で生じた英語圏の#WomenAgainstFeminismを分析する。
    分析の結果、次のことが明らかとなった。1)ポスト・フェミニストは、自らの経験に基づいてもはや社会的なものの領域での女性差別はなくなったと認識しており、それゆえ、現在ジェンダーが問題になるのは家庭生活や恋愛といった個人的なものの領域においてのみであると考えている。2)また、家庭や恋愛での女性役割を楽しみたいという主張を持っているが、このような見解がフェミニストによって批判されていると思い込んでいるがゆえに、フェミニズムに反対している。3)恋愛や家庭生活において評価される能力や魅力と、社会的なものの領域で要求される能力や魅力とが、男性の場合よりも女性においてより乖離しているという社会構造上のジェンダー非対称性に起因する問題を、「女らしさ」「女性的魅力」を磨くことで乗り越えようとする姿勢がポスト・フェミニストには見られる。

    キーワード:ポスト・フェミニズム、個人化、SNS、ハッシュタグ・アクティビズム


    After the period of backlash against feminism in 1980s, some young women reject to be called “feminist”, and others show ambiguous or opposing attitude toward feminism. They are called “post feminists”. Many researchers have studied their attitudes and claims (Aronson 2003, Jordan 2016). This essay analyses the latest post-feminist’s opinions about feminism.
    The data are pictures which are uploaded to Tumbler “Women Against Feminism” with the hash tag “#WomenAgainstFeminism”. The hash tag movement of #WomenAgainstFeminism occurred in 2013-2014 among English-speakers. They shot a selfie with a note written down the reasons to oppose to feminism and shared it on SNS. The note starts with the phrase, “I don’t need feminism because…”.
    This study analyzes these texts to classify 6 categories and finds 3 things as follows. 1) Based on their own experience, post feminists have an opinion that there isn’t any discrimination against women any more. That’s why they regard the gender problems as occurring in personal life, and insist gender is the personal. 2) They demand to enjoy the gender role and femininity in their family and in their romantic relations. 3) From their claims, I could find the social structural gap between a female attractiveness in romantic relations (like kind or tender) and an appeal in business (like persuasive, powerful or having enough dignity as a leader). Post feminists are people who try to overcome this gap by personal effort to become “more attractive”. But we need to recognize this structural gap correctly to reduce women’s difficulties in their daily life.

    Keywords: post feminism, individualization, SNS, hash tag activism

    > 論文を読む