上野研究室

views

332

脱原発社会を創る30人の提言  ~人が生きる未来を選び取るために~

2011.09.15 Thu

脱原発社会を創る30人の提言

著者/訳者:池澤 夏樹 坂本 龍一 池上 彰

出版社:コモンズ( 2011-07-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,650

単行本 ( ページ )

ISBN-10 : 4861870844

ISBN-13 : 9784861870842

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


ひとは、それぞれの人生という道で迷う。そして行く道を選び取りながら前へと進む。時に、各人の取った選択が総意となり、人びとの運命を諸共に巻き込むことがある。

『フクシマが人災であるということの意味には、ひとの力でそれを防ぐことができた、という含意がある』(本文p.177)私たちは、東電が選んだこの選択を容認した、と言わざるを得ない。

フクシマにつきつけられた人災を招いたもの、それは、原発の危険に対し「ありえないことは考えないことにしています」という思考停止であった。過去に遡れば、これは、敗戦へとつきすすんだ戦時中の日本と重なる。「敗けることは、考えないことにしています」という思考停止。日本は二度の敗戦を迎えた、と上野さんは言う。

私たちが生き延びる道をかけて、私はなにを選び取るだろう。過去を変えることはできなくても、未来を変える選択はできる。私たちが過去に、なにを捨て、なにを手に入れようとしてきたのか、今こそ知る必要がある。

私たちが歩んできた道は、この先も続く。あなたが選択を必要とするとき、本書を傍らにおいてほしい。知ることで押し止められる未来がある。

堀 紀美子






カテゴリー:イチオシ

タグ:脱原発 / 上野千鶴子 / 堀 紀美子