女の本屋 動画

views

1415

ブックトーク映像館★『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポジウム

2015.05.11 Mon

『最新版 市民派議員になるための本』刊行記念シンポジウム
あなたが動けば社会が変わる ~地方から、変える!~

日時 2014年11月14日(金)午後6時30分から8時30分
会場 東京YWCAカフマンホール

●パネリスト:宇野重規・高橋茂・山崎望 ・寺町みどり・寺町知正
●コーディネーター:上野千鶴子

【シンポジウムの趣旨】
国政に対する様々な懸念があるなか、地方自治のあり方がますます重要になっています。にもかかわらず、自治体の議会は十分に機能しておらず、セクハラや政務活動費問題など議員の不祥事が続出しています。いまこそ、市民自治を基本に、有権者・市民の目線で発言し活動する「市民派議員」が不可欠です。現状の地方政治の認識や、市民の政治へのかかわり方、のぞむべき方向などを話し合うことで、本書の刊行の意義・目的を参加者と共有したいと考えています。

【出演者プロフィール】
◆上野千鶴子(うえの・ちづこ)
社会学者。東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンス・アクションネットワーク(WAN)理事長。「生き延びるための思想」(岩波書店)、「おひとりさまの老後」(法研)、「ケアの社会学」(太田出版)など著書多数。

◆宇野重規(うの・しげき)
東京大学社会科学研究所教授。法学博士。「民主主義のつくり方」(筑摩選書)、「〈私〉時代のデモクラシー」(岩波新書)、「西洋政治思想史」 (有斐閣)など著書多数。

◆高橋茂(たかはし・しげる)
「ザ選挙」編集長。武蔵大学社会学部非常勤講師。著書に「マスコミが伝えないネット選挙の真相 」(双葉新書) 、「電網参謀 『デジタル軍師』が語る自伝的ネット戦略論」(第一書林)。

◆山崎望(やまざき・のぞむ)
駒澤大学法学部政治学科准教授(現代政治理論)。
著書に「来たるべきデモクラシー―暴力と排除に抗して」(有信堂高文社)。

◆寺町知正(てらまち・ともまさ)
岐阜県生まれ。大学卒業後、有機農業開始。多方面の市民運動にかかわる「くらし・しぜん・いのち 岐阜県民ネットワーク」代表。山県市市議会議員(旧高富町を含め約15年)。住民訴訟、行政訴訟は多数。

◆寺町みどり(てらまち・みどり)
ジェンダー、環境などの市民運動にかかわる。「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」事務局。著書に『市民派議員になるため本』(学陽書房)、『市民派政治を実現するための本』(コモンズ)共編著。

【本書の内容】
2015年の統一自治体選挙はもちろん、全国の自治体選挙のために、ネット選挙解禁もふまえての情報満載。市民型選挙、議会活動の手法やノウハウ、いままで非公開のスキルも一挙公開!新規候補者だけでなく、再選をめざす現職議員にも役立つ内容。

主催団体:市民の政治を実現する
後援:市民と政治をつなぐP-WAN
協力:WAN上野ゼミ
協賛:(株)WAVE出版

************************************************************
アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.













カテゴリー:ブックトーク

タグ:女性運動 / / 上野千鶴子 / 市民派議員 / 選挙 / 寺町みどり / 女性の政治参画 / 宇野重規 / 高橋茂 / 山崎望 / 寺町知正