女性学講座

views

3427

【井上輝子:和光大学 最終講義】「女性学と私ー40年の歩みから」

2015.03.31 Tue

井上輝子 最終講義 2012年2月4日
「女性学と私―40年の歩みから」

井上輝子さん

井上輝子さん

最終講義の約1年前に、公開シンポジウム「女性学の挑戦―和光大学35年の経験から」を開催し、記録集もまとめたので、最終講義では、私自身の女性学との出会いから始め、個人的な研究史をたどることに力点を置きました。そして最後に、なぜ私がいまだに女性学にこだわるのかをお話ししました。―井上輝子

★ 講演録「女性学と私」  ダウンロード PDF(735KB)

★「略歴」    ダウンロード PDF(144KB)

★「刊行作品年譜」 ダウンロード PDF(262KB)

井上輝子 プロフィール
和光大学名誉教授・山川菊栄記念会代表
1942年東京生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。1973年~2012年3月和光大学教員。1970年代初頭のウーマンリブ運動に参加する中で女性学と出会い、1974年から和光大学で女性学講座を担当。大学以外でも社会教育や、川崎市等の自治体女性行政にかかわってきた。
主な著作『新・女性学への招待』(有斐閣2011)、「新編 日本のフェミニズム」全12巻(共編)(岩波書店2009~2011)、『何を怖れる』(松井久子編、岩波書店 2014)、『田中寿美子の足跡―20世紀を駆け抜けたフェミニスト』監修(アイ女性会議、2015)など。

タグ:女性運動 / フェミニズム / 女性学 / ウーマン・リブ / メディア / 井上輝子 / 女性雑誌

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • むずかしい女性が変えてきた――あたらしいフェミニズム史 / 著者:ヘレン・ルイス /...

  • 問題少女―生と死のボーダーラインで揺れた / 著者:長田 美穂 / 2006/03/01

  • エメリン・パンクハースト (小さなひとりの大きなゆめ) / 著者:リスベット・カイ...

amazon
楽天