イベント情報

戻る

東京

結婚をめぐるジレンマ:『最小の結婚』合評会

イベントURL: http://subsite.icu.ac.jp/cgs/event/post-86.html
主催者: 国際基督教大学ジェンダー研究センター
主催者URL;
開始日時: 2020年02月08日 (土) 14時00分
終了日時: 2020年02月08日 (土) 18時00分
会場: 国際基督教大学本館116号室
会場URL:
連絡先: ICU ジェンダー研究センター Mail:cgs[★]icu.ac.jp([★]を@に変える)
登録団体:
パンフレット:
詳細: 社会制度としての結婚は、私たちの生を保障するものでもあり、損なうものでもある。このようなジレンマに対して、結婚の制約を取り払いつつ、ケア関係のみを保障するものとしてそれを政治的リベラリズムの立場から再構築しようとするE・ブレイクの『最小の結婚』は、一つの優れた、しかし論争含みの応答を呈している。
この合評会形式のイベントでは、昨年11月に出版された日本語訳の訳者と、関連領域の専門家である評者のみなさんにお話しいただく。本書の意義を捉え、また、結婚について考えなおす契機としたい。

日時:
2020年2月8日(土)、14:00-18:00

場所:
国際基督教大学本館116号室

登壇者(敬称略):
久保田裕之(日本大学教員、『最小の結婚』監訳者)
岡野八代(同志社大学教員、評者)
川本隆史(国際基督教大学教員、評者)
堀江有里(国際基督教大学等 教員、日本基督教団牧師、評者)

言語:
日本語(通訳なし)

コーディネーター:
羽生有希

無料、予約不要
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 21世紀の結婚ビジネス: アメリカメディア文化と「妻業」 / 著者:スザンヌ レオナ...

  • 老後の家がありません-シングル女子は定年後どこに住む? (単行本) / 著者:元沢 ...

  • 房思琪の初恋の楽園 (白水Uブックス) / 著者:林 奕含 / 2024/03/02

amazon
楽天