イベント情報

戻る

大阪

働く女性の人権センター いこ☆る総会&記念講演会 「コロナ禍における女性労働者」講師:竹信三恵子さん

イベントURL: http://icoru.ever.jp/?p=1307
主催者: 働く女性の人権センターいこ☆る
主催者URL; http://icoru.ever.jp/
開始日時: 2021年03月27日 (土) 13時10分
終了日時: 2021年03月27日 (土) 15時30分
会場: オンライン及びドーンセンター
会場URL: zoom及びhttps://www.dawncenter.jp/
連絡先: 働く女性の人権センターいこ☆る TEL:06-6948-6300
登録団体: 働く女性の人権センター いこ☆る
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 2021 年3 月27 日(土)
総会   13:15~13:45
記念講演 14:00~15:30(どなたでも参加できます)
  「コロナ禍における女性労働者~コロナで浮き彫りになった女性差別~」講師:竹信三恵子さん

参加方法
➀ Zoom でオンライン参加
➁ 「ドーンセンターセミナー室1」で講演をライブ視聴
  (定員20 名、開場13 時)
※ ➀、➁どちらも参加費無料、事前申し込みが必要です。
お申し込みはこちらから → http://icoru.ever.jp/?page_id=1291


すでに1年間も続いているコロナ禍ですが、終息のメドも立たないなか、政府の医療体制構築や生活支援策の遅れが被害を一層大きくしていると言えるのではないでしょうか。
とりわけ、女性の雇用・暮らしが深刻になっています。昨年、2020 年の女性自殺者は6,976 人です。2019 年より885 人増え、過去5 年間では最多。これは、世界で4 番目に高い率です。なぜ、この国ではこういう事態になった時、多くの女性が自死を選ばざるを得ないのでしょうか。失業や収入減になる人は今も増え続けており、その多くは女性労働者です。シングル・マザーの家庭では子どもへの影響も大きく、看過できない状況に追い込まれています。
長年、地位向上が叫ばれながらも、まだまだ社会的弱者の女性。今こそ変えていかなければいけない女性差別について、竹信さんの問題提起をもとに、一緒に考えましょう。
今回は、オンラインで行います。どちらかの方法で、ぜひご参加ください。

オンライン参加の方には、前日までにアクセス情報をお送りします。
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 私の中のわたしたち――解離性同一性障害を生きのびて / 著者:オルガ・トゥルヒーヨ...

  • 私だったかもしれない ある赤軍派女性兵士の25年 / 著者:江刺昭子 / 2022/05/31

  • 私の顔は誰も知らない / 著者:インベカヲリ★ / 2022/05/16

amazon
楽天