イベント情報

戻る

神奈川

有明淑子と『女生徒』

イベントURL: https://doukyusei.net/shizuko
主催者: Doukyusei.
主催者URL; https://www.doukyusei.net/
開始日時: 2022年04月30日 (土) 14時00分
終了日時: 2022年05月31日 (火) 19時30分
会場: ハツネウィング​(〒231-0053 横浜市中区初音町1-21-18)
会場URL:
連絡先: Doukyusei. メール:doukyusei.girl@gmail.com
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: Doukyusei. は、2022年4月30日(土)〜5月31日(火)の1か月にわたり、横浜市中区黄金町にて展示「有明淑子と『女生徒』」を行います。会場はNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが提供する黄金町AIRのひとつ「ハツネウィング」です。

Doukyusei. は横浜市を中心に活動する団体です。​様々な年代や場に生きる女性の生活について、目に見えるかたちで立ち上げる事を目的に、作品制作を行っています。

本展示は太宰治の著作として知られる『女生徒』と、その元となった日記の著者「有明淑子」をテーマとしています。『女生徒』は少女の一日を描いた作品です。日記風の一人称の語り口や、その美しい描写が今なお人気を集める秀作ですが、その文章の大半は有明淑子の日記を改編したものです。有明淑子の存在は太宰の死後伏字で公開されていたものの、本名と日記の公開は2000年を待たなくてはなりませんでした。

Doukyusei.はこの有明淑子の日記をテーマに、リサーチを元にした展示に加え、日記を読み解きながら創作したダンス映像の上演、創作過程の展示、ワークショップなどを行います。

開催概要
「有明淑子と『女生徒』」

主催:Doukyusei.
場所:ハツネウィング​(〒231-0053 横浜市中区初音町1-21-18)
料金:参加無料(ワークショップのみ参加費500円)
期間:2022年4月30日(土)〜5月31日(火)(定休:月金/水曜のみ予約制)
時間:14時〜19時30分

催し
※催しの詳細のご確認、ご予約は特設サイトにてお願いいたします

■聞き書き
毎週水曜日 14:00~19:30(1枠1時間)

展示を鑑賞された後に、思い浮かんだことや感じたことをお話しして頂き、それを私たちが文字に書き起こす催しです。

■おしゃべり鑑賞会
​5/8(日) 12:00~
5/15(日) 12:00~
5/22(日) 19:30~
5/29(日) 12:00~
​(各回1時間ほどを予定)

対話を通して展示を鑑賞する会です。
展示を楽しむ際にサポートが必要な方や、おしゃべりしながら展示を鑑賞したい方が、一緒に過ごせる場所を目指しています。
展示してある絵や立体物を触ったり、ほかの人にはどう見えるのかを聞いたり、からだを使って展示を感じてもらいます。

■ワークショップ
​「わたしの、ことばを、つくってみよう」

5/7(土) 12:00~
5/14(土) 12:00~
5/21(土) 19:30~
5/28(土) 12:00~
​(各回1時間半~2時間ほどを予定)

料金:500円

展示を見た後に、からだをゆっくり動かしたり、ちょっとした工作をしたりします。また、お茶やお菓子を交えながら、みんなでおしゃべりもします。
​ことばを見失ったり、発見したり、忙しない生活の中。
少し立ち止まって、『自分のことば』を形作ってみませんか?

Doukyusei. について
様々な年代や場に生きる女性の生活について、目に見えるかたちで立ち上げる事を目的に、作品制作を行っている。
女性を中心に据えた企画であれば、表現形式を問わず創作を行っており、それぞれの企画やDoukyusei.に関心を持ち、集まった女性達が、作品制作に参加をする。創作経験を問わず、表現に関心のある女性が集まる「場」として機能する団体を目指している。
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • マチズモの人類史――家父長制から「新しい男性性」へ / 著者:イヴァン・ジャブロン...

  • 21世紀の結婚ビジネス: アメリカメディア文化と「妻業」 / 著者:スザンヌ レオナ...

  • 老後の家がありません-シングル女子は定年後どこに住む? (単行本) / 著者:元沢 ...

amazon
楽天