イベント情報

戻る

大阪

インド映画『パッドマン』を観て、 「生理の貧困」について考えよう、語ろう!

イベントURL:
主催者: 高槻ジェンダー研究ネットワーク
主催者URL;
開始日時: 2022年10月10日 (月) 13時00分
終了日時: 2022年10月10日 (月) 16時00分
会場: 高槻市立総合市民交流センター (クロスパル)5 階視聴覚室(JR 高槻駅南スグ)
会場URL: https://www.takatsuki-bsj.jp/crosspal/
連絡先: 高槻ジェンダー研究ネットワーク(冨田) ✉ tjkn.sati@gmail.com ℡ 072-681-1372
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: インド映画『パッドマン』を観て、 「生理の貧困」について考えよう、語ろう!
【日時】10月10日(月・休)午後1時~4時
【場所】クロスパル高槻 5F視聴覚室
(高槻市立総合市民交流センター、JR 高槻駅南すぐ)
【資料代】500 円(学生他200 円)
【申し込み・問い合わせ先】mail:tjkn.sati@gmail.com tel:072-681-1372(冨田)
※参加ご希望の方は、事前に連絡下さい。
【詳細】
ジェンダー問題について気軽に話し合おうと始めた<ジェンダー・カフェ>、今回は、2018年に公開されたインド映画『パッドマン』を観ます。妻のため清潔で安価な生理用品を作ろうと奮闘する男性が主人公、タブー視されがちな女性の生理の問題を、ハッピーエンドの娯楽劇にしています(140分)。
非正規雇用、コロナ禍で経済的に厳しくなった女性にとって、生理用品を入手することが困難な状態が大きな問題になりました。これまでのタブー視を解放して、「生理の貧困」について明るく語り合いましょう!どうぞご参加下さい。
みなさまのお越しをお待ちしております。
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 伴走者は落ち着けない―精神科医斎藤学と治っても通いたい患者たち―(叢書クロニッ...

  • 離婚事件における 家庭裁判所の判断基準と弁護士の留意点 / 著者:武藤 裕一(名...

  • 放送レポート no.308(2024/5) / 著者:メディア総合研究所 / 2024/05/01

amazon
楽天