イベント情報

戻る

大阪

「女性の貧困研究の〈今〉を考える」

イベントURL: https://www.omu.ac.jp/sss/cws/info/gender-equality/entry-22342.html
主催者: 大阪公立大学女性学研究センター
主催者URL; https://www.omu.ac.jp/sss/cws/
開始日時: 2023年03月04日 (土) 14時00分
終了日時: 2023年03月04日 (土) 16時00分
会場: オンライン(Zoom)
会場URL:
連絡先: 大阪公立大学女性学研究センター(WEBサイト問い合わせフォームまで)
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 大阪公立大学女性学研究センターでは以下の講演会を開催します。ご関心のある方はぜひご参加ください。

【趣旨】

長引くコロナ禍にあって、景気の悪化が女性の雇用に打撃を与えるなか、このところの物価高により生活を直撃された非正規雇用者やシングルマザーの貧困が深刻化しています。また、医療や介護などいわゆるエッセンシャルワーカーに女性従事者が多いことはよく知られた事実ですが、コロナ禍において彼女たちの処遇面や働く環境はきわめて厳しくなっています。このような状況を受けて、女性の貧困研究の最新動向を共有し、女性の生活問題の緩和・除去に向けて、どのような対策が講じられることが必要であるのか、ともに考える機会を設けたいと思います。

【講演者】

丸山里美(京都大学准教授)
「見えにくい女性の貧困-英語圏と日本の研究動向から」

吉中季子(神奈川県立保健福祉大学准教授)
「女性の貧困の形成過程―シングルマザーの年金加入問題―」

【日時】
3月4日(土)  14時~16時( zoom開催)

【参加費】
無料

【申込方法】
上記URLよりお申込みください。
申込締切: 3月1日(水)17時まで

主催: 大阪公立大学女性学研究センター
後援: 大阪公立大学ソーシャルワーク開発研究所
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

  • 生命倫理研究者に死に逝く意識を伝えた記録 (MyISBN - デザインエッグ社) / 著者:...

amazon
楽天