イベント情報

戻る

東京

国際女性デー2023記念シンポジウム「女性と表象ー服飾、モード、ジェンダー」

イベントURL: https://www.mfj.gr.jp/agenda/2023/03/04/2023-03-04_colloque_femme/index_ja.php
主催者: 日仏女性研究学会
主催者URL; https://sites.google.com/view/sfjefemmes/accueil
開始日時: 2023年03月04日 (土) 14時00分
終了日時: 2023年03月04日 (土) 18時30分
会場: 日仏会館(東京・恵比寿)1階ホール
会場URL:
連絡先: cdfjf.info@gmail.com
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 服飾史においてコルセットを脱ぎズボンを穿いた時から女性は自由と自立を獲得したと考えられています。1800年制定の女性のズボン着用禁止条例が21世紀にも存続していたという歴史的事実を発見し、『ズボンの政治史』(スイユ社、2010・2014)に著したクリスティーヌ・バール氏をお迎えし、ズボンの歴史を振り返ります。さらに、バール氏の著書の翻訳を手がける研究者たちがそれぞれの専門分野から、服飾およびモードにおいて女性がどのように表象され、女性性や男性性がどのように演出されていたかを、文学、芸術および女性史を通してジェンダーの視点から読み解きます。
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

  • 生命倫理研究者に死に逝く意識を伝えた記録 (MyISBN - デザインエッグ社) / 著者:...

amazon
楽天