イベント情報

戻る

東京

平和を求め軍拡を許さない女たちの会シンポジウム 

イベントURL: https://www.facebook.com/photo/?fbid=167671936236112&set=a.121291327540840
主催者: 平和を求め軍拡を許さない女たちの会
主催者URL; https://www.facebook.com/people/
開始日時: 2023年06月04日 (日) 13時30分
終了日時: 2023年06月04日 (日) 17時30分
会場: 専修大学神田キャンパス 7号館3階731教室
会場URL: https://www.senshu-u.ac.jp/access.html
連絡先: 事務局 gunkakuyurusanai0208@gmail.com
登録団体:
パンフレット:
詳細: 平和を求め軍拡を許さないの女たちの会 シンポジウム

【日 時】2023年6月4日(日)13:30~16:30
【会 場】専修大学神田キャンパス 7号館3階731教室
     YouTubeでのライブ配信も行います
【趣 旨】岸田政権は5年で43兆円、GDP 比2%という防衛費の増額を打ち出しましたが、それは、突然起こったことではありません。2015 
年、放送法の新解釈が行われ、同年、安保法制が決まり、軍事研究への扉が開き、南西諸島への自衛隊配備が始まりました。2020年には、 
日本学術会議への政府の介入が始まりました。2022年、防衛力強化の有識者会議では、軍事産業の拡大と輸出が表明され、政府は軍拡を進めています。日本は「新しい戦前」に入ったのです。しかし、戦前とは異なる大きな点があります。それは、当時は女性に参政権がなく、今はある、という点です。女性は今なら、声を上げられます。私たちの会は、軍拡によって少子化対策や労働者の賃上げ、女性や1人親家庭、非正規労働者、子どもなど、社会的弱者のための公的支援の政策が、マイナスの影響を受けること、日本の教育への公的支出が先進国で最低レベルである状況に重大な危機感を持っています。女性が参政権を持って初めて迎える「戦前」をどう考えるか、皆さんで考えていきたいと思い、シンポジウムを企画しました(田中優子共同代表)
【内 容】
講演 安全保障のジレンマ
   藤原帰一(千葉大学国際高等研究基幹特任教授、東京大学名誉教授)
パネルディスカッション
   司会 望月衣塑子(新聞記者)
   パネリスト 田中優子(法政大学名誉教授・前総長)
         上野千鶴子(社会学者・東京大学名誉教授)
         奥谷禮子(人材派遣会社 ザ・アール創業者)
【参 加】
資料代 500円
参加申込 チラシのQRコードよりお申し込みください  
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAlpQLScDOsoKtXRz5D_s2V2nA4CjFcdD9HtGm1GEFcXfsuY386mTjQ/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0
 会場参加、YouTube参加のどちらかをお選びください。
【主 催】
平和を求め軍拡を許さないの女たちの会
https://twitter.com/gunkakuyuhantai
https://www.facebook.com/profile.php?id=100089799193760
【連絡先】
平和を求め軍拡を許さないの女たちの会事務局 
gunkakuyurusanai0208@gmail.com
事務局長 弁護士 杉浦ひとみ
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

amazon
楽天