イベント情報

戻る

東京

CGraSS第56回公開レクチャー

イベントURL: http://gender.soc.hit-u.ac.jp/exchange.html
主催者:
主催者URL; 一橋大学大学院社会学研究科ジェンダー社会科学研究センター
開始日時: 2023年06月30日 (金) 10時40分
終了日時: 2023年06月30日 (金) 12時30分
会場: オンライン(Zoom開催)
会場URL:
連絡先: cgrass(a)soc.hit-u.ac.jp ((a)を@にかえて送信してください。)
登録団体:
パンフレット:
詳細: 一橋大学ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)
・第56回CGraSS公開レクチャー

・題目: 西洋ジェンダー史とアグノトロジー

・講師: 弓削尚子さん(早稲田大学法学学術・教授)

・日時: 2023年6月30日(金)10:45~12:30

・場所: オンライン(zoom)※申し込みフォームにご記入いただいたアドレス宛に講演3日前にリンクを送信いたします。講演3日前を過ぎてもリンクが届かない場合はお手数ですが、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

・司会: 貴堂嘉之さん(社会学研究科・教授)

・内容: 近代歴史学は、性別二元論に基づくジェンダー規範が支配する19世紀後半のドイツに成立した。その対象は政治、経済、戦争など男性中心の「公的」領域とし、この枠の外にあるものは当時の価値観によってはじかれた。そこに「無知」が創出されたと言える。家族史や女性史など、ジェンダーの観点から史学史を考えるのに、アグノトロジー(無知学)は有効な分析枠組みである。講演では拙著『はじめての西洋ジェンダー史』をもとに、クィア・ヒストリーとアグノトロジーというテーマにも踏み込みたい。
今回の講演はオンライン開催(zoom)のため、事前申し込みが必要です。(申し込みはこちらhttps://forms.gle/vhDJpWG4hCMAfss9A)申し込み締め切りは6月23日(金)となります。

・講師紹介:早稲田大学法学学術院教授、博士(人文科学)。専門はドイツ史、ジェンダー史。主な著書に『はじめての西洋ジェンダー史』(山川出版社、2021年)、『啓蒙の世紀と文明観』(山川出版社、2004年)、『論点・ジェンダー史学』(共編著、ミネルヴァ書房、2023年)。
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
[広告]船橋ウィメンズ鍼灸院
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 1980年、女たちは「自分」を語りはじめた フェミニストカウンセリングが拓いた道 ...

  • 「おひとりさまの老後」が危ない! 介護の転換期に立ち向かう (集英社新書) / 著者...

  • 現代用語の基礎知識 2024 / 著者:小泉 悠 / 2023/11/04

amazon
楽天