女の本屋

views

1771

島崎今日子 『〈わたし〉を生きる――女たちの肖像』

2011.08.07 Sun

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.ジェンダーをテーマに幅広いジャンルで取材・執筆活動を続けるジャーナリスト・島崎今日子さんによる、各界を代表する女たち16人のノンフィクションです。

◆少女マンガの神様・萩尾望都

◆日本で一番ケンカのうまいフェミニスト・上野千鶴子

◆高卒のOLから巨大企業の会長にまでのぼりつめた林文子(現・横浜市長)

◆スタイリストの草分けで、アーティストやクリエイターから熱い支持を受ける北村道子

◆女子プロレスブームを巻き起こした長与千種

◆日本初の女による女のためのセックスグッズショップを設立した北原みのり をはじめ、悩みを抱え、もがきながらも、さまざまな分野で先駆者・改革者として活躍してきた女たちの肖像。

島崎さんの書く対象は、自分には及びもつかない人ばかりであるにもかかわらず、なぜかいつも「ここには自分がいる」と思える箇所が見つかります。仕事や人生に迷ったとき、型や枠にしばられすぎず、自分らしく生きる勇気を与えてくれる一冊です。(紀伊國屋書店出版部・有馬由起子)








カテゴリー:著者・編集者からの紹介

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 伴走者は落ち着けない―精神科医斎藤学と治っても通いたい患者たち―(叢書クロニッ...

  • 離婚事件における 家庭裁判所の判断基準と弁護士の留意点 / 著者:武藤 裕一(名...

  • 放送レポート no.308(2024/5) / 著者:メディア総合研究所 / 2024/05/01

amazon
楽天