女の本屋

views

1020

本を愛するあなたに!三浦しをんの書評本 『本屋さんで待ちあわせ』 三浦しをん

2012.11.27 Tue

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください. 

 読書の秋だし、なにか読みたい、でも何から?という方にオススメな一冊。三浦しをんによる書評集である。新聞の書評欄の「読書委員」を担当していたとき「色物担当」と目されていたという著者の取り上げる本は、小説、漢字解説書、東海道四谷怪談、ヤクザ本、BL本・・・と幅広い。

 三浦しをん曰く「本は、人間の記憶であり、記録であり、ここではないどこかへ通じる道である。特別な機械も作法も充電器もなしに、時間と空間を超えた異世界へ、私たちを連れていってくれる」

 そうです。お金がなくても、ちょっと時間があれば、本があれば、わたしたちはどこにでも行ける。(lita)








カテゴリー:わたしのイチオシ / lita

タグ: / 三浦しをん / 読書