エッセイ

views

1161

「国際女性の日」に寄せて 与謝野内閣府特命担当大臣メッセージ

2011.03.07 Mon

男女共同参画担当大臣から、国際女性デーによせてメッセージが出されました。

明日の閣議でもそういう話題を出していただきたいですし、閣議後記者会見でも言及していただきたいものです。

「「国際女性の日」に寄せて 与謝野内閣府特命担当大臣メッセージ」@内閣府

http://www8.cao.go.jp/gender/news/20110307message.html

3月8日は「国際女性の日」です。世界中の女性たち、そして男女共同参画に取り組む関係者の皆様とともに、お祝いしたいと思います。

我が国の男女共同参画は、男女の平等や女性の地位向上を目指す国際社会の取組と多くの方々の御尽力により進められてきました。

女性も男性も一人ひとりの人権が尊重され、意欲と能力に応じて活躍できる男女共同参画社会の実現は、我が国における最重要課題の1つです。特に、少子高齢・人口減少社会にあって、女性の能力が如何なく発揮され、活躍できる社会を築くことが、経済社会の活性化にも不可欠です。このため、昨年12月に閣議決定した第3次男女共同参画基本計画を力強く実行してまいります。

また、男女共同参画の推進に当たっては、国のみならず、地域レベルでの取組が重要です。地域における男女共同参画の推進の核となる地方自治体、男女共同参画センター、NGOなどとの連携を深め、社会全体に取組の輪が広がるよう、しっかりと応援していきたいと思います。

21世紀の最重要課題の1つである男女共同参画社会の実現に向けて、今後とも、皆様とともに、取り組んでまいります。

平成23年3月

内閣府特命担当大臣(男女共同参画)与謝野 馨

カテゴリー:男女共同参画 / 3.8国際女性デー2011

タグ:国際女性の日