上野研究室

views

481

ことばは届くか―韓日フェミニスト往復書簡   ~あなたと次の時代を拓くとき~

2011.11.15 Tue

ことばは届くか―韓日フェミニスト往復書簡

著者/訳者:上野 千鶴子 趙韓 惠浄 佐々木 典子 金 賛鎬

出版社:岩波書店( 2004-07-06 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,361

単行本 ( ページ )

ISBN-10 : 4000228455

ISBN-13 : 9784000228459

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


韓国と日本、ヘジョンとチズコ、ふたりの女性学者が往復書簡で綴っている。同世代のフェミニストがそれぞれに、韓国、日本、そしてアメリカなど、国家が抱える光と闇を捉えながら、実直に誠実な言霊を7通の手紙に託し、ことばは心に響き合い、一人ひとりの世界観を融合し、前進しうるエネルギーに変換している。60年代からの社会と、女性の激変、そしていよいよ迎えた少子高齢社会、未来を支える家族や社会の有り様を、人間らしい視点で血の通った―
『ことばは、届くか。
わたしはこのタイトルに、希望と困難の両方をこめました。ことばは必ず届く、と安直には思えませんし、かといって、ことばはしょせん届かない、と失望もしません。爆弾を投げる代わりに、ことばを交わすことで、わたしたちは次の時代を生き延びるほかないのですから。』
人はずっとこのことばを持ち続けていると、祈願の思いで読む一冊である。






カテゴリー:イチオシ

タグ:女性運動 / 上野千鶴子 / 堀 紀美子