厚生労働省は2月14日に3歳以上の幼児を対象に、「国旗と国歌に親しむ」と明記する保育所運営指針の改定案を発表しました。
保育所運営指針で国旗国歌への言及は初めてです。
また文部科学省の幼稚園教育要領見直し案も同日発表され、同じ内容が記載されています。
現行指針、要領にはこうした記載はありません。
なお、これらの指針、要領は私立施設も対象となります。
非常に重大な変更なのに、報道の扱いも小さく、あまり注目されていなくて心配です。
私たちの意見ができるだけ政府に届くよう、是非一通でも多くのパブコメをお願いいたします。


パブコメはコチラから↓↓↓
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495160408&Mode=0

パブコメ告知PDF版はコチラ

国旗や国歌への言及はこの記事の下方に掲載した指針の改正告示(案)の第2章「保育の内容」の41-42頁に出てきます。是非ご参照の上、ご意見をパブコメにお寄せください。

「保育所内外の行事において国旗に親しむ」(p.41)
「文化や伝統に親しむ際には、正月や節句など我が国の伝統的な行事、国歌、唱歌、わら べうたや我が国の伝統的な遊びに親しんだり、異なる文化に触れる活動に親しんだりする ことを通じて、社会とのつながりの意識や国際理解の意識の芽生えなどが養われるようにすること。」(P.42)