お助け情報

views

865

No.5 回答

2012.02.21 Tue

いかにも「大会社」らしい上司のコメントですね。人材の無駄遣い(と、敢えて言わせてもらいます)ができる「ゆとり」のある会社なんて、今どきそうそうあるものではありません。しかも「給料には満足」しておられるとのことですので、おそらくあなたは楽々こなせる仕事で日々を送っていらっしゃるのではないでしょうか。

そういう状態の場合、ここはひとつ究極の選択を考えてみませんか?つまり「やりがいはあるが、収入的には恵まれない仕事」と「やりがいは感じられないが収入には満足できる仕事」ならどちらを選ぶのか?と考えてみて欲しいのです。「転職は考えていない」とのことですので、答えは自ずから後者なのかもしれませんが、もし、そうであれば「当面は仕事で必ずしもやりがいを追究しない」というのも、現実的な対応でしょう。仕事に全力投入しなくていいのでしたら、独自の勉強や人脈作りをするだけの時間的・エネルギー的な余裕があるはずですよね?
いずれ、上司はいなくなる日が来ます。その時に、あなたが着々と培ってきた実力を発揮できるように、今から準備しておいてはどうでしょう?学校に通って勉強してもいいですし、社内で自分のやりたい仕事をしている人のアシスタント役(いきなり海外出張に行けなくても、出張する人のサポートをするような仕事)をかってでるというのもいいかもしれません。

世の中の圧倒的多数の人は「やりがいはあるが、収入がそれに見合うものではない」仕事か、「やりはなく収入も低い」仕事に就いています。今のあなたの「やりがいはないが、収入には満足できる」仕事は実はとても恵まれている立場です。しばらく様子を見ながらお金を貯めて、あなたが40代半ばになっても社内の風向きが変わらないようだったら、蓄えを使って自分の納得のいく仕事を始めるという選択肢もありますね。いずれにせよ、あなたの収入は将来のために着実に貯金しておくことをお勧めします。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / キャリア / no5 / 女性の労働 / 福沢恵子

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 女性兵士という難問:ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学 / 著者:佐藤 文香 / 2...

  • 韓国文学の中心にあるもの / 著者:斎藤 真理子 / 2022/07/10

  • なぜ日本社会では女性が輝けないのか / 著者:大島 愼子 / 2022/04/01

amazon
楽天