アクション

views

1527

【6/12】シンポジウム:いま「虐待」を問い直す。私たちは、ハイリスクなのか!?

2011.05.27 Fri

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西 設立6周年記念集会

いま「虐待」を問い直す
私たちは、ハイリスクなのか!?

小さな子どもたちが「虐待」によって命を落とす事件が相次ぎました。
事件のたびに、母子家庭だった、母親は子どもを放ったらかしにしていた、
母親としての自覚が足りない、母親失格……などという厳しい報道が繰り返されます。
子どもを虐待してしまう母親は、特別な、鬼のような、ひどい人間なのでしょうか。
事件の母親たちと、私たちは同じではないの!?
ハイリスクと呼ばれ続け、虐待してしまうかもしれないという影におびえ、
それでも毎日子育てをしていかなければいけない母親たち、私、そしてあなた。
虐待について、いっしょに考えましょう。

と き:6月12日(日)1:30p.m.~4:30p.m.
ところ:ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)大会議室
参加費:会員500円 非会員1,000円

シンポジスト ●辻由起子(シングルマザー当事者)
●田中文子(社団法人子ども情報研究センター所長)
●母子自立支援員(未定)

コーディネーター●社納葉子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西)

※保育は、前日までにお申し込みください。
子ども一人につき200円いただきます。

主催:NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西

http://wan.or.jp/information/index.php/map_show?id=381

カテゴリー:しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西

タグ:子育て・教育 / シングルマザー / 母子家庭 / 児童虐待

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

  • 生命倫理研究者に死に逝く意識を伝えた記録 (MyISBN - デザインエッグ社) / 著者:...

amazon
楽天