動画 女性学講座

views

3245

【荻野美穂:大阪大学大学院 最終講義】「身体と性を研究するということ」

2014.09.16 Tue

荻野美穂 最終講義 2009年3月3日
大阪大学大学院文学研究科 日本学講座

「身体と性を研究するということ」

日 時:2009年3月3日(火)13:00~15:00
場 所:21世紀懐徳堂 多目的スタジオ
(大阪大学豊中キャンパス イ号館)

******************************************************************
 これは、2009年3月に大阪大学でおこなった最終講義の記録です。この最終講義のWANアーカイブでの公開をご快諾くださった、大阪大学大学院文学研究科日本学研究室の皆様にお礼を申し上げます。

 ここでは、自分の個人史とからめながら、京都での女性学との出会いや、1980年代に30代後半で大学院に入学後、どのように女性史、とりわけ性と生殖や身体にかかわる歴史に関心を抱くようになり、研究者として歩んでいくことになったか、そしてジェンダーという概念との出会いについて語っています。個人史を軸にしたのは、若い世代の研究者、とくに出産育児を経験したり、家庭との両立で悩んだりしている女性研究者たちに、「焦らないで、その経験も決して無駄にはならないよ」とエールを送りたい気持ちがあったからです。
 この最終講義は少し古いものですが、ちょうど日本で女性学やジェンダー研究が勃興していく時期に幸運にもその一端にかかわることのできた1人の女性研究者の証言として、ご覧いただければ幸いです。 荻野美穂

カテゴリー:最終講義

タグ:身体・健康 / リプロ・ヘルス / 身体 / 女性学 / 荻野美穂

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

  • 生命倫理研究者に死に逝く意識を伝えた記録 (MyISBN - デザインエッグ社) / 著者:...

amazon
楽天