イベント情報

戻る

オンライン

院内集会(オンライン・ウェビナー)のお知らせ 「DV被害者と子どもたちの安全をどう守るか」 連続院内集会2~”支配とコントロール”としてのDVへの対策を 

イベントURL: https://www.facebook.com/events/132155638763325/
主催者: DV法改正を考える市民の会
主催者URL;   dvhoukaisei@gmail.com
開始日時: 2021年02月16日 (火) 18時30分
終了日時: 2021年02月16日 (火) 20時30分
会場: オンライン開催
会場URL:
連絡先: DV法改正を考える市民の会      dvhoukaisei@gmail.com
登録団体:
パンフレット:
詳細: 全国女性シェルターネット

2月16日18時半~ オンラインで国会議員の皆さんと語り合う院内集会を開催します。どうぞご参加ください。

院内集会(オンライン・ウェビナー)のお知らせ
「DV被害者と子どもたちの安全をどう守るか」 連続院内集会2~”支配とコントロール”としてのDVへの対策を 

主催 DV法改正を考える市民の会

イベントページはこちら。
https://www.facebook.com/events/132155638763325/

現在のDV防止法では、身体的暴力などの緊急性の高いDVだけがDVとして、一時保護や保護命令の対象となっています。
しかし、配偶者やパートナー、交際相手などから受けるDVの本質は、相手に対する支配・コントロールです。身体的な暴力はあくまで、支配の手段にすぎず、身体的暴力があってもなくても、相手を精神的に支配・追い詰め、人格否定することが特徴で、それによって子どもを含む被害者は身体的暴力以上に深刻な心理的なダメージや生活・人生への影響を受けます。しかも、こうした支配は、離婚後も長期間にわたって受け続け、被害者と子どもたちを苦しめているのが実態です。
今般、内閣府はDV法の改正にむけた検討を行っており、さらに、法務省は、離婚後の養育費の不払い問題の改善とあわせて、共同親権などの議論を含めて家族法の見直しをするよう、2月に法制審議会に諮問すると発表しています。
今こそ、精神的・性的DVも含めた全てのDV対策について、国会議員の皆さんと一緒に考えましょう。

報告者
 信田さよ子 さん  原宿カウンセリングセンター所長。公認心理師・臨床心理士
 森田ゆり さん   子ども女性への暴力防止の専門家。元カリフォルニア大学主任研究員。元立命館大学客員教授。
 当事者からの報告
 全国女性シェルターネット 他
 国会議員の皆さん

開催方法:zoomウェビナー

参加費:無料

申し込みフォーム:https://forms.gle/wHrH5UN2TuQa5koFA

※当ページの参加予定ボタンを押しただけでは申込となりません。

※締め切り:2月15日午後12時

※参加URLは、申込締め切り後、申込みフォームに入力していただいたメールアドレスにお送りします。
※参加URLは転送禁止です
※当日、zoom上の氏名は、なるべく申込氏名と同じにしてください。確認できない場合はご参加をお断りすることがあります。
※ウェビナー参加の皆さんのお姿は映りません。安心してご参加下さい。勉強会自体は後日youtube配信予定です。
※当日のzoom動画の録画は禁止とさせて頂きます。
※当日の画面のスクリーンショット、録画、画像等を使ったSNS等による発信はお控えください。
お問合せ:DV法改正を考える市民の会
     dvhoukaisei@gmail.com
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

  • 生命倫理研究者に死に逝く意識を伝えた記録 (MyISBN - デザインエッグ社) / 著者:...

amazon
楽天