イベント情報

戻る

東京

#ActUpNow 伊藤詩織さんのウクライナ取材報告会

イベントURL: https://ukrainereport.peatix.com/
主催者: 伊藤詩織さんの民事裁判を支える会 Open the Black Box
主催者URL; https://www.opentheblackbox.jp/
開始日時: 2022年08月21日 (日) 14時00分
終了日時: 2022年08月21日 (日) 16時00分
会場: 星稜会館ホール
会場URL:
連絡先: info@ftwshiori.com
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: #ActUpNow 伊藤詩織さんのウクライナ取材報告会

日時:2022年8月21日(日)14:00〜16:00(開場13:30〜)
会場:星稜会館ホール
定員:250名
入場料:2,000円
(録画配信:1,500円)

今年5月、ウクライナはキーウから現地に入り、イルピンとブチャで戦時下の被害の実情を目の当たりにし、現地取材をされた伊藤詩織さんからご報告いただきます。

戦争が起こると、性暴力は武器として使われ、被害当事者に大きな傷をもたらすのはもちろんのこと、そのコミュニティや家族にまで負の影響をもたらします。武力紛争下で性暴力の被害者を救済しノーベル平和賞を受けたコンゴ民主共和国の婦人科医師、デニ・ムクウェゲ医師も「性暴力はコストの安い『戦争の武器』として使われている」と強調するように、取材の中で伊藤さんはそのことを強く実感されたそうです。自身の身に起こったことを認識することに時間がかかったと、伊藤さんはいいます。戦禍の中では、被害を認識するよりも先に、まず安全な場所を確保しなければならず、その後にケアを受けようとしても、自分の帰る場所やコミュニティが破壊されてしまっている状況、つまりセラピーを行うに当たってセーフティな気持ちが整わない中では、よりトラウマが長期化してしまう実情があります。また戦時下の性暴力被害は、治安が悪かったから等として矮小化されて語られることもあります。取材されたあるセラピストは、戦争が始まる前にセラピーは決して恥ずかしいことではない、心のケアについてもっと知ってもらう必要があったとお話しされたそうです。

戦禍では幾重にも被害が重なります。息の長いサポートが必要になる中で、どのように被害者に向き合っていったら良いのか、伊藤詩織さんと一緒に考えます。

ウクライナ情勢はいまなお混迷を極めていますが、性暴力被害の実態など詳細な情報は中々伝わってきません。声を拾われにくい現地の人々の声を知り、私たちにできることを考えてみませんか。

申し込みは本Peatixイベントページよりお願いします。
※ハイブリッドの同時配信はございません。
視聴期限1週間限定の録画配信をおこないます。
録画配信をご希望の場合は、別途お申し込みが必要です(録画配信チケット:1,500円)。
録画配信申し込みの方へは、8月22日(月)以降準備が整い次第、視聴URLをお送りします。

※伊藤詩織さんの安全確保のため、所定のフォームに必要事項をご記入いただき、お申し込みください。

※ご来場にあたっては、マスクの着用をお願いいたします。

※体調がすぐれない方、また次のような方はご来場をお控えください。
・風邪のような症状のある方、37.5度以上の発熱がある方、発熱が数日間続いている方
・だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
・体調に不安がなくても、ご高齢者・基礎疾患をお持ちの方、妊娠中の方、未就学児童をお連れの方は、関係機関の情報を参考にしていただき、ご来場について慎重な判断をお願いします。

※ご寄付のお願い
現在裁判が長期化しており、引き続き支援者の皆様方から裁判費用のご支援を必要としております。
こちらのイベントページでは、参加チケットとは別に【寄付】を選ぶことで、伊藤詩織さんへの裁判支援をいただけます。
あわせて下記に支援の方法がございますので、ご確認いただけますと幸いです。
https://www.opentheblackbox.jp/donation

【Open the Black Box 主催 #ActUpNowについて】
伊藤詩織さんの民事裁判を支える会 Open the Black Box は、伊藤さんの性暴力被害事実の認定と慰謝料を求める裁判、さらには性被害に続く二次被害となりうる名誉毀損、名誉感情侵害訴訟、これらの裁判支援をおこなっています。私たちは #MeToo と声をあげた伊藤さんに寄り添う #WithYou、そして #WeToo 、共に声をあげる会として活動してきました。
現在も裁判は係属中ですが、私たちは性暴力の問題、そして誹謗中傷をめぐる問題等について、同じような被害を生まないためにどのような取り組みや実践につなげていけるのか、支援者の皆さまをはじめ、広くこれらの問題に関心を持つ皆さま方と共に考える講座 #ActUpNowを企画しました。伊藤詩織さんと様々なテーマを取り上げ、皆さまと一緒に考えます。

主催 伊藤詩織さんの民事裁判を支える会
問い合わせ:info@ftwshiori.com
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 〈ひと〉から問うジェンダーの世界史 第1巻 「ひと」とはだれか?-身体・セクシ...

  • 「ひと」から問うジェンダーの世界史 第2巻 「社会」はどう作られるか?—家...

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

amazon
楽天