イベント情報

戻る

東京

椿組2023年春公演  「まっくらやみ・女の筑豊(やま)」

イベントURL: http://tubakigumi.com/upcoming-stage/?fbclid=IwAR3nj9fpzHe7a4jBwtLbUhL8xW4-xF0JMr3Q3YBVefENfJU1wnAYxtcruDg
主催者: 椿組
主催者URL;
開始日時: 2023年02月09日 (木) 19時00分
終了日時: 2023年02月19日 (日) 15時00分
会場: 新宿シアター・トップス
会場URL:
連絡先: mementocdefg@gmail.com
登録団体:
パンフレット:
詳細: 只今、森崎和江を題材にした演劇の稽古中です。
このたび、アングラ系の劇団の椿組さんに、「まっくらやみー女の筑豊」を書きおろしました。
明治、大正を力強く生きる炭坑女性の半生と、その炭坑女性を取材した森崎和江さんをモデルに女性の生き方を問う物語です。
舞台の前半は明治、大正、昭和と駆け巡ります。前半は命の危険や過酷な労働を受け入れ、男と五分五分に渡り合った女坑夫らの一家、そして、後半は時代を超えて、昭和33年以降の大正炭鉱争議を描きます。「無名通信」を出しながら、炭鉱の主婦らと連帯していく和江は、ある事件によって谷川と決別していきます。性暴力と対峙していく女達は、男達とはまた違う未来を描きます。

この脚本を書きながら、森崎さんの筑豊を実際に巡りました。
今でも様々な考え方、受け止め方があり、現地で沢山の声にふれました。
また、読み直す中で森崎さんへの質問が湧き出ます。
是非、フェミニズムに関心にある方に観て頂きたく、お知らせ頂ければ幸いです。
残念なことに、今回は、配信がありません。東京の方しか見られないのですが、ひとりでも多くの方に知って頂ければ幸いです。

椿組2023年春公演 
「まっくらやみ・女の筑豊(やま)」
作:嶽本あゆ美(メメントC) 
演出:高橋正徳(文学座)
主題歌:山﨑ハコ
■2023年2月9日(木)〜19日(日)11日間・14ステージ
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

  • 100歳までに読みたい100の絵本 / 著者:木村 民子 / 2018/12/20

  • 少女小説をジェンダーから読み返す ──『若草物語』『秘密の花園』『赤毛のアン』が...

amazon
楽天