イベント情報

戻る

大阪

女性学研究センター第27期女性学講演会「女性兵士が問いかける地平-エチオピア、ルワンダ、ソ連、ウクライナの事例から」

イベントURL: https://www.omu.ac.jp/sss/cws/info/news/entry-24774.html
主催者: 大阪公立大学女性学研究センター
主催者URL; https://www.omu.ac.jp/sss/cws/
開始日時: 2023年04月15日 (土) 14時00分
終了日時: 2023年04月15日 (土) 17時30分
会場: オンライン(Zoom)/対面:大阪公立大学中百舌鳥キャンパス学術交流会館
会場URL:
連絡先: 大阪公立大学女性学研究センター(WEBサイト問い合わせフォームまで)
登録団体:
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: 女性は兵士として、世界各地における国家間の戦争や国内で発生した内戦に動員され、志願してきました。女性たちはどのような経緯で戦争に加わり、そこで何を期待され、何を考えてきたのでしょうか。女性兵士がかかわった戦争の性格は多様であり、その在り方や意義はそれぞれの戦争と社会的背景を考慮して解釈される必要があります。本シンポジウムでは、エチオピア、ルワンダ、ソ連、ウクライナの女性兵士の経験を検討することで、女性兵士を取り巻く社会や国家、軍隊の在り方を検討し、女性が兵士として戦争に参加することの意味を考察します。

【登壇者】
第一講演 橋本信子(大阪経済大学)
「女性が兵士になるとき―ソ連、ウクライナの事例」
第二講演 眞城百華(上智大学)
「エチオピア・ティグライにおける女性兵士の経験―戦時下の女性解放と戦後への架橋」
第三講演 近藤有希子(京都大学)
「彼女たちの戦線―ルワンダ丘陵をめぐる危機的日常と女性兵士という選択」
趣旨説明 内藤葉子(大阪公立大学)
コメント 秋林こずえ(同志社大学)

開催日:4月15日(土)
開催時間:14時~17時30分 (対面受付開始13時30分)
対面・オンラインのハイブリッド開催 (Zoom利用)
参加費:無料
定員(先着順):対面80名(対面参加については、締切以前でも定員に達し次第、締め切らせていただきます。)
申し込み方法:リンク先よりお申込みください。
https://www.omu.ac.jp/sss/cws/info/news/entry-24774.html
申込締切:4月12日(水)17時
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 子どもと女性のくらしと貧困 / 著者:中塚 久美子 / 2024/05/20

  • ウィメンズ・ムービー・ブレックファスト  女性たちと映画をめぐるガイドブック /...

  • 小公女 (新潮文庫) / 著者:フランシス・ホジソン バーネット / 2014/10/28

amazon
楽天