イベント情報

戻る

東京

CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第60回 新自由主義社会におけるケア 女性間の経験の共通性・格差・連続性

イベントURL: http://gender.soc.hit-u.ac.jp/exchange.html
主催者: ジェンダー社会科学研究センター
主催者URL; http://gender.soc.hit-u.ac.jp/exchange.html
開始日時: 2024年05月29日 (水) 18時30分
終了日時: 2024年05月29日 (水) 20時30分
会場: 一橋大学国立東キャンパス マーキュリータワー5階 3509室
会場URL:
連絡先: ジェンダー社会科学研究センター cgrass(a)soc.hit-u.ac.jp ((a)を@にかえて送信してください。)
登録団体: 一橋大学大学院社会学研究科・ジェンダー社会科学研究センター
パンフレット:

ダウンロードする

詳細: CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第60回
新自由主義社会におけるケア 女性間の経験の共通性・格差・連続性

講師:山根純佳さん
「ケアの危機」の時代に、フェミニズムはいかにケアを論じるべきだろうか。新自由主義下では女性は自己の就労とケアのマネジメント、すなわち自己の生と他者の生への「二重の責任」を負わされている。これは女性の共通の経験と言える。一方で福祉の市場化は、資源の少ない層がケアすることをより困難にし、階層や世代による女性間の格差を拡大する。本報告では、ケアをめぐる資源配分の不均衡を概念化することで、「ケア責任のジェンダー化」がもたらす女性間の経験の連続性と断絶を可視化する「100%(みんな)のためのフェミニズム」のあり方を検討する。 ふるってご参加ください。予約は不要です。

       
講師紹介
1976年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了 社会学(博士)。著書に『産む産まないは女の権利かーフェミニズムとリベラリズム』(2010)『なぜ女性はケア労働するのかー性別分業の再生産と変動』(2010)共に勁草書房, 「新自由主義とケア労働」『大原社会問題研究所雑誌』771号(2023)。


日時:2024年5月29日(水曜日)18:30-20:30
場所:一橋大学国立東キャンパス マーキュリータワー5階 3509室
司会:佐藤文香さん(一橋大学大学院社会学研究科・教授)
お問い合わせ先:ジェンダー社会科学研究センター cgrass(a)soc.hit-u.ac.jp ((a)を@にかえて送信してください。)
ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 子どもと女性のくらしと貧困 / 著者:中塚 久美子 / 2024/05/20

  • ウィメンズ・ムービー・ブレックファスト  女性たちと映画をめぐるガイドブック /...

  • 小公女 (新潮文庫) / 著者:フランシス・ホジソン バーネット / 2014/10/28

amazon
楽天