わいわいWAN

性暴力救援センター協力弁護士は同時に加害者弁護をしないでください!

作成日:2017-12-13 10:01:52

hiranoyoko

 現在、強姦被害者として裁判をおこなっておりますが、加害者の弁護士の一人が、「性暴力救援センター・SARC東京」の協力弁護士に登録しています。加害者弁護を同時におこなっている弁護士に、被害者は相談したいと思うのでしょうか。
 強姦裁判における加害者の弁護士による二次被害は壮絶なものです。もちろん、弁護士は、あらゆる種類の案件を受任することができます。しかし、性暴力救援センターの協力弁護士に登録するのであれば、加害者弁護を引き受けない覚悟も必要ではないでしょうか。
詳細はhttps://www.change.org/ のキャンペーンをご覧ください。 

もしくは「性暴力救援センター協力弁護士は同時に加害者弁護をしないでください!」で検索してみてください。

コメントはありません。

ミニコミ図書館
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
WAN基金
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代 / 著者:ミーナ・ハリス / 2021...

  • 人間襤褸/夕凪の街と人と: 大田洋子原爆作品集 / 著者:大田洋子 / 2021/08/11

  • 自分らしく生きるための言葉を紡ぐ文章表現ノートー実存としての気づきから自己実...

amazon
楽天