わいわいWAN

派遣社員が物申す!④

作成日:2019-06-04 23:26:07

カジュラホ

なんだかんだあった今の派遣先も、とうとう今月6月末にて派遣契約終了。

契約終了はまあ仕方ないのだけれど、私にはそれよりも気になることが。
同一派遣先の2部署で就業させてもらい、契約終了となる6月末でちょうど2年11ヶ月。あと1ヶ月で丸3年、同じ派遣会社からの派遣就業だったから、当然派遣会社の無期雇用を期待していたし、その話も派遣会社の営業さんとしていたのだけれど、それすら叶わない?!

いやいや、この1ヶ月は諦めがつかんっ!!同じ派遣会社から7月の1ヶ月だけでも就業すれば大丈夫なのか等色々考え、派遣会社にもしつこく仕事の紹介をお願いしている。

でもそうは言ってもこの際、正社員の職も探してみよっかな~と求人サイトを眺めていたら、私の大好きな建築にも関わる仕事で未経験OK!の募集が。運命の出逢いくらいの勢いで週末に早速応募。

そして月曜日の朝9時に届いたのが定型文のお断りメール。

・・・これって絶対私の経歴のせいなんかじゃないわよね?
そもそも応募者の経歴チェックなんて週末にしていないと思うのよ。
おそらくチェックしたのは性別、それに年齢じゃないかしら?

こんな不条理ってある?今までは男性しかしてこなかった仕事かもしれないけれど、じゃあ女性に出来ない理由はなあに?
それに年齢だって、46歳の何が悪い??社会人経験20年以上、ヘタな若者を雇うより、よっぽど手がかからないと思うけどねえ。

ま、こういう屁理屈をこねちゃうところがオバチャンを雇わない理由なのかもしれないけれど(^▽^;)

6月末までまだ時間はあるし、謙虚に職を探します。


コメントはありません。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 〈ひと〉から問うジェンダーの世界史 第1巻 「ひと」とはだれか?-身体・セクシ...

  • 「ひと」から問うジェンダーの世界史 第2巻 「社会」はどう作られるか?—家...

  • 涙にも国籍はあるのでしょうか:津波で亡くなった外国人をたどって / 著者:三浦 ...

amazon
楽天