わいわいWAN

アサイラム・ピース

作成日:2019-06-16 21:32:38

異国の地で城の地下牢に囚われた薔薇のあざをもつ女。名前も顔も知らないがこの世界のどこかに存在する絶対の敵。いつ終わるとも知れぬ長い裁判。頭の中の機械。精神病療養所のテラスで人形劇めいた場面を演じる患者たち――孤独な生の断片をつらねたこの短篇集には、傷つき病んだ精神の痛切な叫びがうずまいている。自身の入院体験にもとづく表題作はじめ、出口なしの閉塞感と絶対の孤独、謎と不条理に満ちた、作家アンナ・カヴァンの誕生を告げる最初の傑作。

アンナ・カヴァン
1901-1968。フランス生まれのイギリス作家。世界中を転々としながら小説を書き始めるが、やがてヘロイン中毒に陥り、精神状態が悪化する。『アサイラム・ピース』(40)、『輝く草地』(58)などに収められた短篇で、カフカ的な不条理世界、特異なヴィジョンを描き、長篇『氷』(67)はSF界からも絶賛されるが、翌年に急死。他の邦訳に短篇集『ジュリアとバズーカ』、長篇『愛の渇き』がある。

(国書刊行会サイトより)

国書刊行会から出ていた作品が7月にちくま文庫から出ます。
最近翻訳が他社でも増えてきました。

コメントはありません。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 新しい労働世界とジェンダー平等 (深読みNow) / 著者:浅倉 むつ子 / 2022/09/29

  • 図書館魔女の蔵書票 / 著者:大島真 理 / 2022/07/29

  • 言葉を手がかりに 見ること、伝えること、考えること / 著者:永井 愛 / 2022/08/26

amazon
楽天