わいわいWAN

未来を花束にして

作成日:2019-06-27 10:53:04

社会のセメント化。
丸山眞男の本のどこかにあったような気がする。

そしてセメント化に積極的に協力する女性もいてこれは醜い。
例えば最近問題になった三原じゅん子議員とか。
本来セメント化に抵抗するのが女性であってほしい。

田中美津さんや上野千鶴子さんは社会のセメント化に対して
抵抗してるのであって100年前のサフラジェットのようだ。
ハンガーストライキに対して強制的に食事を流し込む様子
はまるで強制性交のようで目をそむけたくなった。
サフラジェットの時代まで社会を後退させないよう
WANにはがんばってほしい。

コメントはありません。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 不安・イライラがスッと消え去る「安心のタネ」の育て方 ポリヴェーガル理論の第一...

  • 「生きづらさ」を聴く 不登校・ひきこもりと当事者研究のエスノグラフィ / 著者:...

  • 戦争トラウマ記憶のオーラルヒストリー 第二次大戦連合軍元捕虜とその家族 / 著者...

amazon
楽天