わいわいWAN

川上未映子 「夏物語」 書評

作成日:2019-07-28 14:13:23

毎日新聞に書評が出ていた(評者鴻巣友季子)。

反出生主義がテーマらしく、アセクシャル傾向の夏子、過激な反出生主義者百合子、その対極である
男性不要の非配偶者間人工授精賛成派のリカがからむ物語。

反出生主義的思想と聞くと原始仏教、古代のグノーシス主義、中世のカタリ派が思い浮かぶが
女性視点の反出生主義は聞いたことがない。

読売新聞には芥川賞を受賞した今村夏子「むらさきのスカートの女」の村田沙耶香の書評も載っている。

最近は村田沙耶香的な小説がどんどん増えているようでうれしい。

コメントはありません。

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • 離婚事件における 家庭裁判所の判断基準と弁護士の留意点 / 著者:武藤 裕一(名...

  • 放送レポート no.308(2024/5) / 著者:メディア総合研究所 / 2024/05/01

  • ルイーザ・メイ・オールコットの日記: もうひとつの若草物語 / 著者:ルイーザ メ...

amazon
楽天