女の本屋

views

2653

ケアも正義も!『フェミニズム正義論--ケアの絆をつむぐために』有賀美和子

2011.11.29 Tue

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.ようやく、フェミニズムも正面から正義を論じられる時代が到来したようです。

著者は、北米のフェミニズム理論を積極的に紹介してきた第一人者として、フェミニズムにとって正義とは何かを「ケアの倫理」と接合させることで定義します。

注目されるべきは、リベラリズムにとっては擁護することの難しい「ケア権」をいかに市民社会のなかに基礎づけるか、にあります。

フェミニズムが長く格闘してきた公私二元論や、家族内での正義を確保するための家族の在り方など、現代のフェミニズム理論の核心を学ぶためには必携の一冊。リベラリズムを理解するためにも、是非。

前著の『現代フェミニズム理論の地平』においても依拠してきたスーザン・オーキンやナンシー・フレイザーたちの議論を踏まえ、本書では、21世紀に入ってからの日本におけるケアの倫理をめぐる議論の交通整理をするなかで、どのようなフェミニズム正義論が浮かび上がってくるのか。

「これから正義の話をする」ためには、欠かせない議論を提供してくれます。(moomin)

関連する記事

自立神話からの脱出 岡野八代

『ケアの倫理からはじめる正義論--支えあう平等』








カテゴリー:わたしのイチオシ / moomin

タグ: / ケア、正義、フェミニズム / ケア / ケアの倫理 / フェミニズム研究

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
アーカイブ検索(試験中)
会員募集中
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 私だったかもしれない ある赤軍派女性兵士の25年 / 著者:江刺昭子 / 2022/05/31

  • 私の顔は誰も知らない / 著者:インベカヲリ★ / 2022/05/16

  • 貧困・飢餓をなくす (家族農業が世界を変える) / 著者:関根 佳恵 / 2021/10/07

amazon
楽天