女の本屋

views

1173

松本春野 『地震の夜にできること。』

2012.02.27 Mon

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.

東日本大震災が発生した日、都市機能は麻痺し、多くのひとがパニックに陥りました。

電話がつながらず、電気がつかず、お湯も沸かせない部屋で過ごす……そんな不安な夜に、ただ怖がったり悲観するのではなく、前向きで強い気持ちを持つことが大事だということを今回の経験を通して実感したことと思います。

地震大国・日本でまた同じ経験をすることになるかもしれない子供たちに、そういったメッセージを届けたいという思いが絵本作家・松本春野の手で一冊にまとまりました。子どもの不安な心を落ち着かせたり、気持ちを元気にしてくれる行いが、優しく懐かしい心温まるタッチで描かれています。きっと親子のスキンシップのきっかけになってくれることでしょう。

また巻末には育児のスペシャリスト、汐見稔幸氏による父母向けのアドバイスを掲載。コラム形式で、子どもの不安とどう向き合うべきかを、専門書を読む時間のない大人たちへ提案しています。

(角川書店 編集局 高尾真知子)








カテゴリー:著者・編集者からの紹介

タグ: / 親子 / 地震

ミニコミ図書館
当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
WAN基金
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • 夢のビッグ・アイデア カマラ・ハリスの子ども時代 / 著者:ミーナ・ハリス / 2021...

  • 人間襤褸/夕凪の街と人と: 大田洋子原爆作品集 / 著者:大田洋子 / 2021/08/11

  • 自分らしく生きるための言葉を紡ぐ文章表現ノートー実存としての気づきから自己実...

amazon
楽天