女の本屋

views

3054

大人も泣ける絵本 『くまとやまねこ』 湯本香樹実

2012.08.07 Tue

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.子ども向けだけど、大人が読んでもじゅうぶん考えさせられる絵本です。仲良しのことりを亡くしたくまは、小さな箱を作り、花を敷き詰め、いつもことりの亡骸をもちあるきます。そんなくまに対してみんなは、ことりは亡くなったんだ、忘れなよ、というばかり。くまは心を閉ざして、家に引きこもります。ある晴れた日に外に出たくまは、やまねこに出会い、なりゆきからことりの亡骸をみせると、「きみはことりと本当に仲良しだったんだね」といってもらえます。くまはことりとのいろいろな過去を思い出し、ことりの亡骸をやまねこと埋葬します。そして、やまねこと旅に出ることを決めて、ふたりで音楽隊を結成します。

 大きな悲しみに対して、わたしたちはよく「忘れろ」といいがちですが、結局のところ、悲しみをいちど受け止めて(そして受け止めてもらい)、そうしてからでないと先に進めないのだなということを、教えてくれる本です。そしてやまねこがくまに渡したタンバリンも使い込まれて汚れている(前に使っていたひとがいたということ)というところから、人生というのはさようならの繰り返しなのだと思わされます。おすすめです。








カテゴリー:わたしのイチオシ

タグ: / sen / 絵本 / 子ども

ミニコミ図書館
寄付をする
女性ジャーナル
博士論文データベース
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
> 会員限定プレゼント
WAN基金
当サイトの対応ブラウザについて
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう

アフェリエイトの窓

  • マチズモの人類史――家父長制から「新しい男性性」へ / 著者:イヴァン・ジャブロン...

  • 21世紀の結婚ビジネス: アメリカメディア文化と「妻業」 / 著者:スザンヌ レオナ...

  • 老後の家がありません-シングル女子は定年後どこに住む? (単行本) / 著者:元沢 ...

amazon
楽天