女の本屋

views

2261

女の友情は脆いなんて誰が言った?! 『メロスのようには走らない〜女の友情論〜』北原みのり

2014.04.01 Tue

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください.

 太宰治『走れメロス』。教科書に載ってたり、読書感想文の指定本になってたり、パロディ含めて劇やマンガになってたり。「名作」とされるこの作品、テーマは「男の友情」であることはご存じのとおり。そしてそこには、それに比べて女同士の友情なんて取るに足らない、という含みがあるんだよね、気づかれないうちにも。

 北原みのりさんは、はじめてこの物語に接して以来、ずっと違和感を持っていました。王様の悪政に義憤にかられたとしてもなぜいきなり剣を片手にお城に乗り込むのか、メロスよ?親友セリヌンティウスの命がかかっているのに、なぜメロスはただ走るだけ?メロスじゃなくてメロ子だったら、借金してでも体を売ってでも馬を借りて時間に余裕をもって城に帰ってくる段取りをつけたはず。それにメロスを疑ったからといっていきなり「自分を殴れ」なんて言い出すセリってどうよ?etc、、、みのりさんのツッコミは痛快。ホントだよね、言われてみればこの「名作」、マッチョ感充満のトンデモ妄想譚では。みのりさんがフェミ目線で読み替えた作中作、メロ子とセリーヌの『メロスのようには走らない』は出色の「女の友情」物語になってます。

 本書を通じて、みのりさんは、自身が経験してきた、何人もの女友だちとの友情と葛藤を振り返ります。恋人や夫であっても男とはとても分かち合えない親密さを育める女友だち。それはかけがえのない宝物。でも一方、美人かそうでないか、彼氏がいるかいないか、結婚してるかしてないか、働いているか専業主婦か、子どもがいるかいないか、、、いつもいつも、男社会が作った基準で引き裂かれる女たち。女たちの友情を見つめるみのりさんの筆致はとても心に沁みます。

 みのりさんの語る女友だちとの葛藤は私にも覚えがあって、胸がキュンとしちゃいました。思いのちょっとしたズレのために、連絡を取らなくなってしまっていた女友だち。でもあれだけの長い時間、熱く語り笑いあっていた私たちの友情はウソじゃない、消えてしまったわけじゃない、私の大事な宝物。みのりさんに背中を押されるように、懐かしい彼女に久しぶりにメールしました。(eureka)

北原みのりさん運営の、女性のためのセックスグッズストア ラブピースクラブはこちらから。読みごたえある記事やエッセイも満載のHPです。








カテゴリー:わたしのイチオシ / eureka

タグ: / フェミニズム / 女同士 / 友情 / 北原みのり