お助け情報

views

564

No14 回答

2013.12.21 Sat

回答者:重原惇子

大切な人とずっと一緒にいたいと思う気持ちはとても自然です。就職という人生で初めての大きな転換の時に、何を優先させたらよいのか戸惑ってしまわれたのでしょうね。
12月1日、就職活動が解禁されました。あなたの周囲もいよいよ緊張感が高まっていることでしょう。議論の分かれるこの新規一括採用ですが、新卒(新規卒業生)にとって、最強のカードであることは間違いありません。中途採用と比べて、正規雇用の枠は広く、過去の職歴など問われないのですから。「学生時代もっとも力をいれたことは何ですか?」「今まででもっとも困難な経験とその対処方法を教えてください。」「あなたを色に例えたら何色ですか?」などなど、企業は新卒生の能力を計るためにさまざまな質問を投げかけます。ES(エントリーシート)でふるいにかけ、何度も面接を重ねて、学生の可能性を見極めようとするのです。学生にとっても、業種・職種、正規雇用、非正規雇用を問わず、たくさんの選択肢の中からさまざまな可能性にチャレンジできるビッグチャンスです。加えて言えば、立ち止まって、自分の過去・現在・未来を見つめ直す絶好の機会でもあります。あなたは一生働きたいのですよね?一生働ける仕事に就きたいのなら、新卒という権利を十二分に活用して、じっくり納得のいく就職活動をされてはいかがでしょう?自分自身の人生を生きるためにも、彼を軸に職業選択をするのではなく、自分主体の就活をお勧めします。
ついでにいえば、就職後は学生時代とはまったく違う環境となり、それまでの価値観が大きく変化するかもしれません。働いて報酬を得ることは、自己決定権を得ることにもつながります。自分の足でちゃんと立ったうえで、改めて結婚を考えてみるのも一つの方法ではないかと思います。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / 非婚・結婚・離婚 / キャリア / no14 / 重原惇子 / 就活 / 女性の労働