お助け情報

views

1077

No.18 回答

2014.10.28 Tue

飲食関係はどこも少人数で運営され、接客中心のホール係、洗い場や盛り付けなどのキッチン係どちらにしてもとても忙しい職場で、最近では常に人手不足の業界です。そこで働いてみて、自分には向いていないと思われたのですね。「ゆっくりな性格」は「何事にもていねいに取り組む性格」とも言えそうです。ていねいさよりスピードが要求される場所では、ご自分のペースがつかめず大変だったことでしょう。働くこと自体にも不安を感じておられるようです。
さて、ここで提案です。「自分に向かない仕事がわかってよかった!」と考えてみませんか?若い人たちはすぐに仕事を辞めてしまう、辛抱が足りないなどと言われることもありますが、実は本人の適性と職業選択のミスマッチが原因である場合も多いのです。アルバイトの段階でこの仕事はいやだ、自分には向かないと気づいてラッキーでしたね。学生時代のアルバイトは「働く練習」と位置づけて、社会人として働くための情報集めととらえてみましょう。そうとなれば、辛いアルバイトを続ける意味はありません。自分はどんなことが好きで、どんな仕事なら続けられるかをじっくり検討してみる良い機会だと考えてみてください。おかあさんにもそう話せば理解していただけるのではないでしょうか。アルバイトでも2週間前に退職の意思を伝えれば辞められます。店長が何を言おうが、あなたの心と身体が一番大事です。自分の気持ちを良く考えて決断し、将来の就職に備えてください。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / 非正規労働 / no18 / 重原惇子