views

3058

「セクハラ・アカハラ・パワハラ24時間ホットライン」実施のお知らせ NPO法人福岡ジェンダー研究所

2012.03.02 Fri

「セクハラ・アカハラ・パワハラ24時間ホットライン」

実施日時 : 3月4日(日)午前10時~5日(月)午前10時
相談電話 : 092-401-6563


NPO設立10周年記念 国際女性デーによせて 「セクハラ・アカハラ・パワハラ24時間ホットライン」実施のお知らせ

拝啓 梅花の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
さて、当法人は設立記念事業として「セクハラ・アカハラ・パワハラ24時間ホットライン」を毎年実施しています。
今年も上記のとおり3月4日(日)午前10時から3月5日(月)午前10時にかけて実施することになりました。
より多くの皆さまにホットラインを利用していただきますよう、広報のご協力をお願い申し上げます。

当法人は、2002年3月に法人格を取得し、ジェンダー問題専門の民間シンクタンクとして、女性や子どもへの差別の撤廃、男女共同参画社会の形成、あらゆる人の人権擁護に寄与することを目的として、相談、調査・政策提言、研修、人材養成等の事業を展開しております。
また2007年1月に『そこが知りたい!パワハラ対策の極意』(西日本新聞社)を出版いたしました。

昨年実施した24時間ホットラインでは男性からの相談が3割近くありました。
相談内容もパワー・ハラスメントに関するものが増加しており、パワハラに対する問題意識が定着してきたからではないかと考えられます。
どこにも相談できずにひとりで悩んでいる方々が多くおられます。職場や教育機関、地域などにおいてセクシュアル・ラスメントやパワー・ハラスメントの被害にあっている人だけでなく、その友人・家族・同僚や管理責任者からの相談も受け付けます。
臨床心理士、産業カウンセラー、ソーシャル・ワーカー、心理相談員などが相談に対応します。
相談は無料です。
男女にかかわらず、相談先がなくひとりで悩んでいる方々に是非ホットラインを利用していただきたいと考えています。 敬具

NPO法人福岡ジェンダー研究所
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-9-3-403
Tel/Fax:092-401-5811 E-mail:info@fgsi.jp

カテゴリー:1

タグ:DV・性暴力・ハラスメント / アカデミック・ハラスメント