エッセイ

views

2549

会田誠氏への新潟市安吾賞授与にNo!  芸術といえば何でも許されるのか連絡会(準)

2014.05.28 Wed

手足を切断され、首輪を嵌められた全裸の女児・女性を描いた「犬」シリーズなどで知られる会田誠氏に対し、新潟市は第8回坂口安吾賞を授与し、市民の税金から副賞100万円を贈りました。会田氏の作品は、性暴力を肯定し、女性の人権を侵害するものとして批判を受けています。その上、会田氏は、過去に公衆便所等に侵入し、女性の排泄行為をのぞき見ていたことをほのめかしています。実在の女性への性的加害疑惑をも自身の作家イメージ=芸風に取りこんで、便所のぞきを主題とした小説も再版しました。行政がそんな人物に賞を授与し、「偽悪」として褒め称え、市民の財源から賞金を贈呈することは適切なのでしょうか?

この授賞に疑問をもつ新潟市内外の人々が、「ほうっておけない第8回安吾賞–人権の視点から」(仮題)というシンポジウムを6月22日に新潟市で開催することになりました。多くの方のご参加をお待ちします。

【日時】2014年6月22日(日)

午後1時30分~4時00分

【場所】クロスパルにいがた・5階 交流ホール1

資料代500円 要・事前申し込み

☆メールまたはFAXで下記まで氏名、電話、所属をご連絡下さい。

 連絡先:メールtomkom0115@yahoo.co.jp

    FAX  025-250-5085

主 催:安吾賞を考える会

*プログラム詳細については、後日、お知らせします。

会田氏の作品は、これまでにも、批判と議論の対象になってきました。残念ながら、作品の性暴力性を看過するばかりか、「芸術」「前衛」として高く評価する評論家は少なくなく、また、批判すること自体を、「表現の自由の抑圧」として反批判する「人権擁護」派の人々も存在します。私たちは、あらためて、かれらの論理のおかしさや不十分さを問い、「芸術」の名を借りた女性差別・人権侵害を根絶することをめざして情報発信していきます。

 芸術といえば何でも許されるのか連絡会(準備中)

カテゴリー:シリーズ / 団体特集

タグ:アート / 性暴力 / ハラスメント / 会田誠

当サイトの対応ブラウザについて
女性ジャーナル
ミニコミ図書館
> WANサイトについて
WANについて
会員募集中
WAN基金
WANに寄付する
年会費を払う
女性のアクションを動画にして配信しよう
バナー広告募集

アフェリエイトの窓

  • すべての美しい馬 (ハヤカワepi文庫) / 著者:コーマック マッカーシー / 2001-05-01

  • マレーシア映画の母 ヤスミン・アフマドの世界――人とその作品、継承者たち (シリー...

  • 82年生まれ、キム・ジヨン (単行本) / 著者:チョ・ナムジュ / 2018-12-07

amazon
楽天
bookoff