アートの窓

views

472

パフォーマンス「ひとつの応答」を解放する行為(イトー・ターリ)

2010.03.02 Tue

終了しました
Art Action 2010
パフォーマンス「ひとつの応答」を解放する行為
3月6日(土)
会場:PA/F SPACE(パフスペース)
時:パフォーマンス15:00~16:00 対話16:00~17:00
参加費:1,000円
パフォーマンス:イトー・ターリ
ゲスト:キンバリー・ヒューズ

*イトー・ターリさんからのご案内です*
「ひとつの応答」について、2008年8月からかなりの数のパフォーマンスをおこなってきました。
パフォーマンス自体をこの辺で再検討してみようと思うようになりました。しかも、それを公開の場で3週連続してやってみたら面白いのではないかと。時間を決めて、観客がいることを前提にとにかくやってみる。それって、パフォーマンス!

3月6日は第3週目となり、パフォーマンスも変化してきました。
日本軍「慰安婦」として渡嘉敷島におくられたペ・ポンギさんのことに取り組んでいます。
みなさまに立ち会っていただけましたら幸いです。
16:00 からは対話の時間で、Kimberly Hughesさんを迎え、ディスカッションします。
URL:http://itotari.com

パフスペースへのアクセス:
地下鉄東西線早稲田駅下車出口2or3bより徒歩2分 
馬場下町交差点を文学部正門方向左に曲がり、3軒目のフェニックスビル3階(docomoが1階)

カテゴリー:おすすめ情報

タグ:アート / アクティビズム / パフォーマンス / フェミニズム / ジェンダー / ひとつの応答 / イトー・ターリ