アートの窓

views

960

<シンポジウム> wam de ART「韓国の現代美術と女性、政治」

2011.02.09 Wed

強いメッセージ性をもつ韓国アートの魅力をさぐります!
wam de ART  「韓国の現代美術と女性、政治」

□日時:2月12日(土) 18:30〜
□場所:wamオープンスペース
□内容:
金惠信「韓国の現代美術と女性」
古川美佳「韓国の民衆芸術と政治?これまでとこれから」
ファシリテーター:北原恵(大阪大学)
資料代:800円(wam入館料を含みます)

■きむ・へしん:学習院大学・青山学院大学他非常勤講師。美術史、表象文化論。
韓 国ソウルに生まれる。梨花女子大学大学院美術史学科卒業後日本に留学。故千野香織氏のもとで博士論文をまとめ、学習院大学で哲学博士号。著書に、『韓國近 代美術研究ー植民地期「朝鮮美術展覧会」にみる異文化支配と文化表象』(ブリュッケ、2005)、『現代韓国美術における女性と表現?ユン・ソクナムの 「作業」』(中世日本研究所、2008)など。論文に、「繰りかえしと語りのしぐさをかたちにする」、李静和編『残傷の音−「アジア・政治・アート」の未 来へ』(岩波書店、2009)など。

■ふるかわ・みか:韓国美術・文化研究。早稲田大学卒業後、桑沢デザイン研究所、現代美術の編集を経 て、89年韓国延世大学韓国語学堂へ留学。93〜96年在韓国日本大使館専門調査員。2000年第3回光州ビエンナーレ「芸術と人権」展アシスタント・ キュレイター。06年より東京GALLERY MAKIで「21世紀の東アジア文化論」を企画、主に韓国の美術家を紹介中。韓国の現代美術、特に民衆美術運動、北朝鮮の美術など幅広く執筆・講演。共著 『韓流ハンドブック』(韓国現代美術担当、新書館、2007)など。

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F 〒169-0051
t 03-3202-4633 f 03-3202-4634
wam@wam-peace.org
URL:http://www.wam-peace.org/

カテゴリー:おすすめ情報

タグ:アート / アクティビズム / フェミニズム / Feminism / ジェンダー / 北原恵 / 金惠信 / 古川美佳 / 韓国の現代美術 / 民衆芸術