アートの窓

views

2054

文学と美術からみる人形文化 武蔵大学公開講座

2014.09.27 Sat

「人形」をテーマとした連続講座のお知らせです。

文学と美術からみる人形文化 ―自動人形(オートマタ)人造人間(アンドロイド)/球体関節人形―

美術からみる人形文化

文学と美術からみる人形文化 チラシ

会 場武蔵大学1号館1階 1001教室
受講料全4回 2000


【プログラム

104(土)13301530
「人形愛としての西洋美術――古代彫刻から球体関節人形まで」
       講師:香川 檀(武蔵大学人文学部教授)*後半は、191030年代の前衛芸術と人形について

 1011(土)13301530
「いかにしてコピーはモデルを超え得るのか―ヴィリエ・ド・リラダン『未来のイヴ』における人造人間の理想化」
       講師:木元 豊(武蔵大学人文学部教授)

 1018(土)15301730
「ヨーロッパの自動人形(オートマタ)と日本のからくり人形」
       講師:小山ブリジット (武蔵大学人文学部教授)

1025(土) 13301530
「東欧・ドイツ文学における人造人間」
       講師:桂 元嗣(武蔵大学人文学部准教授)

【問合せ・申込み】武蔵大学 香川研究室
        E-Mail:mayumi-k@cc.musashi.ac.jp

*こちらからもお申し込みいただけます。https://www.634.co.jp/seminar/form1.php

(marisu)

カテゴリー:おすすめ情報