5月22日のWAN総会にひきつづき開催したWAN会員交流会は大好評でした。その日のオークションは盛り上がり、出品物に対して計15万円近くの寄附額が集まりました。出品者のみなさま、競り落としたみなさま、ご協力ありがとうございます。
 そのオークションのスペシャル出品物は、ちづこバッグ用の材料となる帯地。チラ見せしただけですが、そのうち製品になって登場するのを楽しみに待っていてくださいね。
 手元に在庫がありましたので、ふりまで大放出いたします。
 
 帯地といえば美術品のようにすばらしい品が多いのに、キモノリフォームするようにはなかなかうまく転用できません。せいぜいテーブルランナーかクッション地。それにしても厚みもあり手強いもの。で、思い付いたのがこちら、バッグ・イン・バッグの書類入れ。A4サイズの書類がらくらく入れられるように少し大きめにつくりました。出先で必要な書類だけさっと持ってでるのに、サマになる美しさと丈夫さ。周囲のひとがおっと息を呑むのも見物です。オリジナルなので「ちづこバッグ」と名付けました。
 これにマチをつけて持ち手をつければトートバッグになります。じょうぶな帯地でトートバッグを、という誘惑に抗して、あえて持ち手はつけません。使ってみたらこの方が使いでがあることがわかります。それに季節感のある帯は春夏秋冬折々に持ち替えて。豪華な袋帯は海外の友人へのお土産に。こうやって世界中に「ちづこバッグ」が拡がるって、うれしいです。

 ゴブラン織りのバッグの一つ:非売品


ちづこバッグの由来はこちら。
https://wan.or.jp/article/show/2549

 ニューヨークのアルチザン・マーケットに出品していたゴブラン織りの生地のポーチ。裏地もなしのざくざく縫いにファスナーをつけただけ。

 A4サイズ、A5サイズ、A6サイズとありましたが、いちばん使いでがあるのはA4サイズだと発見。あれこれ試行錯誤して今のサイズに落ち着きました。
 ちづこバッグは加工してくださる方たちのていねいな手仕事で、裏地をつけたり、センスのよいファスナーを選んだり、小物までつけていただいています。

◆お申し込み方法

  商品代金に加えて、管理費と送料込みで別途実費を500円を追加でお願いいたします。こちらは点数にかかわらず一律500円となります。
 申し込み方法は、次の通りです。
1 品番/価格
2 氏名/郵便番号/住所/電話番号
 上記を明記のうえ、以下へ。折り返し送金先をご案内しますので、入金の確認をしてから発送いたします。
>申し込み先:WAN東京オフィス tokyo-office@wan.or.jp

 ①

 ②

① 【売約済み】アンティークの袋帯がほどよくやわらかくなっています。ていねいな裏地つき。¥5000
② こちらもアンティークの袋帯。金糸入りの吉祥模様で裏地付き。¥5000

 ③

 ④

③ 【売約済み】娘さんが成人式に締めたような華やかな亀甲模様。度肝を抜きます。丁寧な朱色の裏地付き。¥5000
④ しっかり目の詰んだ金糸入りの帯。裏地つき。¥5000

 ⑤

 ⑥

⑤ 【売約済み】菱形の地模様と織り込み模様のある一重帯。模様のある部分は帯のお太鼓のところだけですから、これは1つの帯から1点しかとれない貴重な部分です。裏地付き。¥5000
⑥ 染帯を上手に仕立ててくださいました。幅の足りないところは黒地を足して。裏地にグリーンの麻の葉模様が。こういう心憎い組みあわせも仕立てる方たちは考えてくださいます。 この帯地が気に入った方から、作品を1点お返しする約束でご提供いただきました。¥5000

 ⑦

 ⑧

⑦ 【売約済み】派手な帯ばかりではありません。金糸を織り込んだ斬新でモダンな黒地の帯。しっかりした生地なのに薄手で軽いです。オトナの女性に。裏地つき。¥5000
⑧ 【売約済み】ざっくりした夏帯。これ、帯で締めたときはモダンだったでしょうねえ。えんじ色の裏地つき。¥5000

 ⑨

 非売品

⑨ これも夏帯、麻地にとっておきの紅型模様、これも帯1つからお太鼓部分の1点しかとれません、超レアもの、ほんとは出したくないくらい。涼しげなシースルーです。¥5000
ちなみに同じ帯から模様のない部分を使って、紬のアップリケを水玉模様に配してくださったのが右。あまりに愛らしくて、これは自分用にゲットしました、放出しません(笑)。

 ⑩

 ⑪

⑩ 木綿地でこんなバッグも作って下さいました。白絣に黒地を大胆に配して。ていねいな黒の裏地つき。これなど男性が仕事用に持ち歩いたら男前があがるでしょうねえ。女性が使えば「できる!女」の印象も。洋服に合いそうです。¥5000
⑪ 一重仕立ての夏帯。まんなかのレースは最初からあったのか、それとも仕立てる際に折りじわを上手に隠して下さったのか。これも軽くてなかばシースルーです。¥3000

 ⑫

 ⑬

⑫ 緑色グラデーションの紬帯。現物はもっと緑がつよく出ます。新緑から深緑まで糸の色合いと風合いがしみじみします。朱色の裏地つき。¥5000
⑬ フーシャピンクのひとえの帯。写真よりもっと赤がつよいです。目のつんだしっかりした生地なので一重仕立てです。¥3000

 ⑭

 ⑮

⑭ 地紋を織り出した青磁色の無地帯。涼しげです。紬のような茶色の裏地つき。¥5000
⑮ 木綿の民芸調。こういうのも作ってもらいましたが、ちづこバッグはやはり格のある帯地が映えると思います。でも好き好きなので、カジュアルに使いたいとお考えの方があればどうぞ。ピンクの裏地つき。¥5000

非売品

非売品

左:最後にご紹介するのはこれ。出品しません。黒地の夏絽になでしこと流水の涼しげな刺繍。これも帯1本から1点しかとれないレアものです。わたしがゲットいたしました(笑)。
右:ちなみに目下一番愛用しているのは、こちら。染帯で1点もの。絹地で軽くやわらかいので、重宝しています。木の葉の色づく熟女向け。ただし季節を選びますので他の季節用もほしくなります。