私たちが敬愛してやまない井上輝子さんが8月10日に急逝されました。
ここ数年、井上さんは、集大成となるご著書にとりくんでおられましたが、残念ながら完成をみることはありませんでした。これを刊行したいという井上さんの病の床での思いを受け、未完の章を今までの論考で補うという構成で、遺著『日本のフェミニズム―150年の人と思想』が完成し、12月2日に有斐閣より刊行しました。この刊行を記念して、「井上輝子さんを語る会」を企画しました。

<井上輝子さんを語る会  概要>
日時  2022年3月21日(月・祝日)14時~16時
場所  全水道会館大会議室(JR・地下鉄三田線水道橋下車3分)
※ZOOM参加もできます(ハイブリッド方式)
申込みは1月より(会場参加人数はコロナ感染状況に応じて)
主な内容(予定)  開始前に献花
*挨拶  樋口恵子・福島みずほ
『日本のフェミニズム―150年の人と思想』ができるまで 満田康子
*井上輝子さんを語る
 女性学の創始者として 上野千鶴子・江原由美子・村松泰子・船橋邦子
 教育者、地域の課題への取組み 諸橋泰樹・杉浦郁子・渡邉愛里・山田敬子
 『日本のフェミニズム』を読む 浅倉むつ子・跡部千慧
 井上女性学を受け継ぐ 佐藤文香・千田有紀
*遺族挨拶
*実行委員長挨拶  境磯乃

※書籍の注文方法
「井上輝子さんを語る会」開催に向け、期間限定の特別販売を行っています。 「井上輝子さんを語る会」の申し込み方法などは、1月初旬に改めてお知らせします。

☆追悼文募集
「井上輝子さんを語る会」当日、皆様の追悼文を掲載した冊子を配布する予定です。
既にWANに寄稿してくださったものはそのまま再掲させていただきます。まだお書きになっておられない方で、寄稿してくださる方は以下の要領でお寄せください
*800字以内
*タイトル/お名前
*締め切り 2021年12月末
*送付先・問い合わせ  inoueteruko0321@gmail.com


                             「井上輝子さんを語る会」実行委員会
https://sites.google.com/view/fumonkon/inoue220321
阿野理香/境磯乃/佐藤文香/千田有紀/中村ひろ子/船橋邦子/満田康子/山田敬子