緊急の呼びかけ:

エッセイ

views

860

少女マンガブックガイド―友情編―

2012.01.22 Sun

座談会では紹介できなかったのですが、少女マンガには「女同士の友情」を描いたすばらしい作品があります。

そこであすかとyukiがそれぞれの心に残る作品をご紹介します。

あすかのオススメブックガイド

有閑倶楽部 1 (集英社文庫(コミック版))

著者/訳者:一条 ゆかり

出版社:集英社( 2000-05-18 )

定価:

Amazon価格:¥ 637

文庫 ( ページ )

ISBN-10 : 4086176017

ISBN-13 : 9784086176019

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!



ドラマ化された作品だからご存知の方も多いかと思います。ただ、女同士の友情!・・・と、言い切れないのは、本書で描かれる友情が「ラブなし!金アリ!暇アリ!」の男女六人の友情譚だからでしょうか。金、権力、知性に事欠かない男女6人の「有閑倶楽部」が引き起こすワールドワイドな珍事件を描いた作品です。もちろん、女同士の友情はあります。でも、それは「愉しいこと」を共有する友情。タイプが違う彼女たちが友情を築きあげることができるのは、お互いが知らない新しい世界を認め合うことができるからなのではないでしょうか。この物語には「終わり」がなければ、「コレカラ」もありません。卒業し損ねた彼女たちは、永遠に高校三年生であり続けます。誰かが恋に落ちることはありますが(もちろん、メンバー内での恋愛はありません)、実ることはない。

常に同じセカイの中。読者もそれを望むのでしょう。だって、たのしーんだもん!一話完結のストーリーが多いので、手に取りやすく、読みやすい。だら~っとしたいときに、お勧めです。

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)

著者/訳者:川原 泉

出版社:白泉社( 1996-09-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 637

文庫 ( ページ )

ISBN-10 : 4592883144

ISBN-13 : 9784592883142

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!



こちらも、あまりムズカシイことは考えずに笑って読める作品です。聖ミカエル学園に通う三人組の女の子がヒロイン。超お嬢様学校の中で「異端」である彼女たちは、放課後に校庭の片隅で焼いたアジの開きにかぶりつきながら「自分がいかに庶民的であるか」を自慢しあうような、変わった仲。第一部は、彼女たちがお嬢様誘拐事件に巻き込まれたり、変な力を手に入れちゃったりと、珍事件に巻き込まれるどたばたコメディ。第二部になると、ヒロインそれぞれに焦点を当て、彼女たちがどうやって生きていくかを選択します。きっと、大人になってもずーっと縁側でお茶を飲みながら笑いあえる、そんな友情。あんまり難しいことを考えずに、わはは!と笑いながら読めます。一読の際には、「もぎゅもぎゅ」と食べられる大福餅と、熱い緑茶をお勧めします。

危険な二人 (単行本コミックス)

著者/訳者:岡崎 京子

出版社:角川書店( 2004-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,980

コミック ( ページ )

ISBN-10 : 4048537040

ISBN-13 : 9784048537049

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!



愛はどこにあるのでしょう。「ALL WE NEED ARE Love, Sex, Money, … and GROOVE!」と書かれた巻頭句の通り、これは「愛」を探す二人の女の子のお話です。セイコとヨウコは同じアパートに二人で住んでいて、「愛して愛される」ことのできる「王子様」を探しています。毎晩、キレイにお化粧し、美しく自分を着飾って夜の街に繰り出します。しかし、彼女たちは物語の最後まで本当の「愛」を見つけられず、しかも避妊に失敗して子どもまでできちゃって「二人でママになる」ことを決意します。「パパなんてどーだっていいじゃん/ね」。彼女たちが求める本当の「愛」って、どこにあるのでしょう。それを考えさせられる作品です。『pink』から、後に続く『リバーズ・エッジ』、『へルター・スケルター』をつなぐ作品の一つではないでしょうか。

あ、あと、安野モヨコの『HAPPY MANIA』も同じテーマの作品ではないかと思います。(こっちのほうが救いがあるかな…?)

HER(Feelコミックス)

著者/訳者:ヤマシタ トモコ

出版社:祥伝社( 2010-07-08 )

定価:

Amazon価格:¥ 700

コミック ( ページ )

ISBN-10 : 4396764960

ISBN-13 : 9784396764968

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!



たびたびWANで紹介させていただいています、ヤマシタトモコの『HER』。オムニバス形式で、毎回違う女の子がヒロイン。そして、この話に出てくる女の子たちは、みんな「私」を誰かに見てほしくて右往左往します。「私」を見てほしくて「私」を演じようとする女は醜く、その醜さを描き出している作品です。だから、完璧なまつげを装う私たちは「どんな靴がすきなの」って問いに対して「裸足です!!」って答えてくれる人を待ってる。今回、原稿を書くにあたって読み返して、感動したのは第三話目(実は今までイマイチかな、と思っていたのです)。みんなとオソロイ、みんなと同じにあわせようとする女子高生こずえが、隣の家に住む写真家武山佳子と触れ合う話。こずえは、同性愛者であり、「私」を見てくれるパートナーがいて「本当の愛」を持つ佳子に、羨望の念を抱き「きっと/永遠に」彼女のように愛されないと悲観する。

そんなこずえに対して、佳子が発したセリフは感動モノ!気になった方は、ぜひ一読を。ちなみに、私が一番すきなのは第5話目。「あたしには何もない」ってセリフが、なんともいえないくらい切なくなります。

yukiのオススメブックガイド

今でも夢に見る (小学館文庫)

著者/訳者:吉村 明美

出版社:小学館( 1999-10-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 607

文庫 ( ページ )

ISBN-10 : 4091910890

ISBN-13 : 9784091910899

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


女は女に甘くはないが、でもやさしい。学校や仕事で本当に困ったとき、怒りながらも最後までつきあってくれたのは女たちだった。私は女の友情を信じている。高校最後の夏の出会いがすがすがしく描かれていて、読むたびに胸が熱くなる。小波は私立の女子高に通い園芸部で毎日、花の手入れをしている。そんな彼女のクラスに転校生がやってくることから物語は始まる。その転校生は小波とは過去に会っていて、小波に会うために転校してきたのだと言いうのだが…。亡くなった父のような教師になりたいという小波が、ある教師からいどいことを言われ、夢をあきらめかけたとき、叱咤してくれたのはその転校生だった。ひと夏の出会いが永遠になる物語だ。

つるばらつるばら (白泉社文庫)

著者/訳者:大島 弓子

出版社:白泉社( 1999-12-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 700

文庫 ( ページ )

ISBN-10 : 4592883594

ISBN-13 : 9784592883593

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


「ダイエット」(『つるばらつるばら』収録)では、家族内の愛情不足が原因で拒食症になってしまう女の子が描かれている。父親は母を捨て別の家庭をもってしまい、母も再婚して、義父と妹の4人で暮らす家で、主人公は過食してとても太っている。そんな彼女が親友にボーイフレンドができたことから、無理なダイエットを繰り返すことになってしまう。実は彼女は父親似で、そもそもの太る原因には彼女の顔をみて、母親が父親を思い出すのを嫌がったということがあって、自分がやせていても太っていても変わらない愛情をすごく求めていたのだ。物語の最後、そんな彼女に救いの手を差し伸べたのは、母親ではなく親友だったのである。

一緒に遭難したいひと 1 (1)

著者/訳者:西村 しのぶ

出版社:講談社( 2005-02-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 864

コミック ( ページ )

ISBN-10 : 4063375617

ISBN-13 : 9784063375619

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


あなたの一緒に遭難したい人はだれですか?フリーライターのキリエの恋人は税務署の職員、確定申告で会ったことがなれそめです。この自分の書くものをいつもおもしろいと言ってくれる可愛らしい青年がいてくれれば、無人島で遭難しても大丈夫というのが一話目。ところが、話がすすむにつれ、キリエの同居人である従妹の絵衣子の存在感が増してきて、どう考えても、キリエと絵衣子二人で遭難しても絶対大丈夫だから、恋人のマキちゃん待っててねというかんじなのだ。ときに貧乏、ときにお金持ちな神戸の女子二人のかっこ良い生活をぜひ読んでみてください。

少女漫画 (クイーンズコミックス)

著者/訳者:松田 奈緒子

出版社:集英社( 2008-02-19 )

定価:

コミック ( ページ )

ISBN-10 : 4088654587

ISBN-13 : 9784088654584

amazonで購入

▲画像をクリックすると購入画面に入ります。ここから購入してWANを応援しよう!


どれだけたくさんのマンガをよんだのだろう。たくさんの少女マンガたちはいつも私に勇気を与えてくれる。このマンガは作者の少女マンガへの愛と尊敬に満ち溢れたマンガだ。ドラマにもなった、一話目の派遣社員で『ベルサイユのばら』が大好きな女性の話もすばらしいのだが、私はやはり最終話の「少女漫画家たち」は涙無しには読めない。少女マンガには作者が命を削るようにして書いてくれた作品がたくさんあって、どんなにつらいことがあってもマンガを読めばなんとかがんばってこれた。これは一つの友情なのだと思わずにはいられない。








カテゴリー:女同士のつながり / シリーズ

タグ: / 同性愛 / 漫画 / 女同士の友情