女の本屋

views

1774

百恵ちゃん、今だ現役 『山口百恵 赤と青とイミテイション・ゴールドと』

2012.07.27 Fri

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください. 赤いシリーズ、ベストテン、百恵・友和東映お正月映画、ある世代にとって、百恵ちゃんは、DNAレヴェルに刷り込まれている存在ではないでしょうか。

AKBの総選挙など、今でもアイドルたちは元気ですがが、神話となってここまで長く語り続けられるアイドルは、そうそう多くはいないでしょう。

本書は、百恵ちゃんがアイドルから、神話的歌手、女優となって行く様を、当時の芸能界の変遷の中で位置づけようとする試みです。

ももえちゃーん、と、今だ、いや大人になってより一層、彼女の魅力に目を見張ってしまう世代には、ああ、そうそう、と嬉しくなるエピソードも満載です。

わたしも、カラオケでついつい入れてしまう、「ささやかな欲望」を、本書を読みつつ、youtube で、エンドレスリピートしてしまいました。

「ささやかな欲望」が、百恵ちゃんの歌唱力と表現力の転換点(目を見張る上達と成長)であったようです。わたしの一番のお気に入りなので、この指摘には小躍りしました。

百恵ちゃんの新しいCD, DVDが出る度に、ついつい買うか買わまいか、悩んでいる私ですが、本書でさらに悩みが深まりました(moomin)。








カテゴリー:わたしのイチオシ / moomin

タグ:映画 / 山口百恵 / アイドル