お助け情報

views

677

相談No.16 パート勤務の50代女性ですが、独立開業を考えています。

2014.08.04 Mon

私は、現在53才。長年、薬剤師として病院で働いてきましたが、50才からいくつかのパート職をかけもちしています。
今の働き方は、時間的に余裕があり、かつ保険もついているので気に入っていますが、実は一番好きなことは編み物で、実際にそれを口コミで販売しており、パートの収入とは別に月2〜10万円ぐらいを得ています。一定の給料が得られるパートの仕事をやめる気はありませんが、これから編み物の仕事の方を拡張していきたいと考えています。税金はパートの源泉徴収だけで、編み物の方は申告していません。編み物の仕事を拡張するためには、個人事業主として開業した方がよいのでしょうか。実際、編み物の仕事には材料の仕入れや資料の購入、講習を受ける費用など必要経費がかかりますが、個人事業主になればこれまでにかかった経費も税務上、必要経費として認められるのでしょうか。
編み物の仕事だけで収入が十分に得られれば、それに越したことはありません。そうなるためには、今からどのように準備をしていけばよいのかお教え下さい。

カテゴリー:キャリア相談

タグ:仕事・雇用 / キャリア / no16 / 重原惇子 / 起業 / 女性の労働