views

577

回答7:堀口貞夫先生

2014.08.20 Wed

皮膚と内臓の活動とは関係があるように思います。鍼やお灸,指圧などのツボからみてもつながりがあるのは間違いなさそうです。その他,私の経験ではマッサージを受けると腸の動きが強くなるのを感じます。雑誌クロワッサンでもヨガのこのポーズをとると腸が動くのを感じると書かれていました。

私は東洋医学の専門家ではないので,積極的な治療法(対処法)の提案はできないのですが,腹巻きとか
軽く暖めるツボとして下記のURLの天枢,大巨、便秘点,大腸愈などが良いと思います。
http://www.slaria.com/college/lesson04/tubo.html
その他,常識的なものとして,規則的な食事の習慣,朝起きたときに冷たい水などあるいは牛乳を飲む,朝食をとると腸が動き始めるので,この時の便意を逃さずにトイレに行く習慣をつけるなども、頑固な便秘から抜け出したときの生活習慣として大事なことだと思います。
腸内細菌叢を整えるために五炭糖(オリゴ糖など)を甘味料として使用する。

カテゴリー:回答

タグ:くらし・生活 / no7 / 健康相談 / 堀口貞夫 / / お灸 / 指圧 / ツボ / 東洋医学 / 天枢 / 大巨 / 便秘点 / 対処法 / 大腸癒 / 生活習慣 / 腸内細菌叢 / 五炭糖 / オリゴ糖